内田伸輝監督&山崎真実、「さまよう獣」で飛び込んだ新境地 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年2月1日 > 内田伸輝監督&山崎真実、「さまよう獣」で飛び込んだ新境地
メニュー

内田伸輝監督&山崎真実、「さまよう獣」で飛び込んだ新境地

2013年2月1日 16:00

タッグを組んだ内田伸輝監督と山崎真実「ふゆの獣」

タッグを組んだ内田伸輝監督と山崎真実
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 長編劇映画第2作「ふゆの獣」(2010)で、第11回東京フィルメックス最優秀作品賞を受賞した俊英・内田伸輝監督。初の商業作品となる「さまよう獣」は、女優の山崎真実を主演に迎え、恋愛依存から脱却しようともがく女性の姿をとらえた。作品を完成させた今、ともに“挑戦”が多かったという内田監督と山崎は、何を思うのだろうか。

山崎は「ペルソナ」(07)、「シーサイドモーテル」(10)などで演じた奇抜なイメージを一新し、等身大の女性キヨミを演じた。これまでにない役どころは、挑戦であり大きな魅力でもあったという。「流れている空気がすごくゆったりとしたイメージだけれど、内容はすごくハード。普通の女の子が一歩踏み出そうと試行錯誤していくお話なので、主人公が成長する過程を全体で演じなければいけない。今まで明るい役が多かったので、興味を感じました」と脚本にひきつけられた。

キヨミは、相手に合わせて自分を変える世渡り上手な現代人。同時に、そんな自分を変えたいという葛藤(かっとう)を抱えた難解な役どころだ。内田監督が真面目だという言う通り、山崎は個性的な共演陣のなかで、“普通の女の子”というキャラクターに真正面からぶつかった。「『お芝居はお芝居、自分は自分』だと思っていたので、お芝居するときに役の性格に似るということはあまりなかったんですね。でも、キヨミという役は葛藤が多い役だったので、最初から最後まで気を抜く場所がなかったんです。大事にしながらやらないと役がつかめないという思いがあったので、考えてそうしたわけではないけれど、みなさんとは少し距離を置いて撮影していた気がします。考えすぎちゃうと固まっちゃうタイプなので、あまり考え過ぎずにそのときの気持ちでやりたい」と自らを預けた。


「さまよう獣」の一場面「ふゆの獣」

「さまよう獣」の一場面
(C)2012「さまよう獣」Partners
[拡大画像]

内田監督は、これまでの即興性を重視したドキュメンタリータッチの演出から、カメラアングル、セリフまで物語性が色濃く出た作品づくりに挑んだ。「今までは手持ちカメラでの即興撮影がほとんどだったんですけど、今回はあえてそういうものを取っ払っいました。映像はフィックスで、(セリフも)基本的には台本通りに進めていこうと決めていました。フィックスで撮るってすごく楽しい(笑)。アングルをひとつひとつ決めていって、丁重に映画を紡いでいく感覚がありました」。内田監督の試みは、田舎の匂いが立ち込める空気を見事に閉じ込めた。

内田監督はドキュメンタリー映画「えてがみ」(02)で長編デビュー、その後、初の長編劇映画「かざあな」(07)、「ふゆの獣」などの自主映画で、「些細な日常のなかにうごめく人間関係」を見つめてきた。そして、11年3月11日に発生した東日本大震災を機に、内田監督のなかで“日常”が持つ意味が変化し、その重要性にフォーカスするようになった。「(震災後)引っかかって心に残っていたものがありました。今まで映画のなかでの日常は、退屈の象徴みたいなものだったんですが、震災以降は大切なものになっていくと感じていて、大切な日常を映画のなかで見せていこうと思いました」と心のなかでくすぶっていた思いを作品にぶつけた。

ペルソナ[DVD] ペルソナ[DVD] 最安価格: ¥3,292 “もう一人の人格”と超人的な戦闘能力を授かった女子大生の終わりなき戦いを描いたノワール・アクション!実験によって人間離れした格闘センスと別人格を埋め込まれた彼女は研究室から脱出する。次々と襲い掛かる追っ手たち。その攻撃をかわし、なぎ倒していく彼女。出演:山崎真実
シーサイドモーテル[DVD] シーサイドモーテル[DVD] 最安価格: ¥5,184 海もないのに“シーサイド”と名付けられた、山奥のさびれたモーテルを舞台に、偶然居合わせたワケあり男女11人が4つの部屋で巻き起こす騙し合いをハイテンションかつエキサイティングに描いたアンサンブル・ストーリー!出演:山崎真実

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi