米ワーナーの後継者が決定 日系3世のツジハラ氏 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年1月31日 > 米ワーナーの後継者が決定 日系3世のツジハラ氏
メニュー

米ワーナーの後継者が決定 日系3世のツジハラ氏

2013年1月31日 12:30

今後に注目が集まる米ワーナー・ブラザース

今後に注目が集まる米ワーナー・ブラザース
写真:Alamy/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米ワーナー・ブラザースの次期最高経営責任者(CEO)に、ホーム・エンターテインメント・グループ社長のケビン・ツジハラ氏が決定したと、ロサンゼルス・タイムズ紙が報じた。

現CEOのバリー・マイヤー氏が今年引退すると表明したことをうけて、親会社タイム・ワーナーのジェフリー・ビュークス会長は、ワーナーの次期CEOをテレビジョン・グループ社長のブルース・ローゼンブラム氏、モーション・ピクチャーズグループのジェフ・ラビノフ氏、ホーム・エンターテインメント・グループのケビン・ツジハラ氏の3人から選考すると、2年前に発表。ビュークス会長は各グループの発奮を期待したようだが、その後、グループ間で対立が起きて権力闘争が激化していた。

トップランナーはローゼンブラム氏とラビノフ氏と思われていたが、ビュークス氏は3番手のツジハラ氏を指名。他の2人ほど競争心が強くなく、謙虚な姿勢が評価されたという。ただし、CEOへの道を閉ざされた2人がこのままワーナーに残るかどうかは不明だ。

ツジハラ氏は日系3世で、オンラインの確定申告作成サービスの会社を設立した後に、ワーナーに入社。ホーム・エンターテインメント部門で、デジタル配信に力を入れてきた。ワーナーのコンテンツをiTunesやXBoxなど、さまざまなプラットフォームで配信し、新デジタル配信方式であるUltraVioletの推進者のひとりでもある。

ただし、映画、テレビ製作の分野での経験は皆無のため、指導力は未知数だ。ツジハラ氏は、3月1日にワーナー・ブラザースのCEOに就任。ハリウッドのスタジオを指揮する初のアジア系アメリカ人となる。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi