ヤン・イクチュン監督来日、最新作「しば田とながお」上映 新たなオファーも? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年1月31日 > ヤン・イクチュン監督来日、最新作「しば田とながお」上映 新たなオファーも?
メニュー

ヤン・イクチュン監督来日、最新作「しば田とながお」上映 新たなオファーも?

2013年1月31日 08:00

ヤン・イクチュン監督らがトークイベント「しば田とながお」

ヤン・イクチュン監督らがトークイベント
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 山本政志監督が主宰する実践映画塾「シネマ★インパクト」の第二期作品として製作された短編「しば田とながお」が1月29日、東京・オーディトリウム渋谷で上映され、メガホンをとったヤン・イクチュン監督が来日、トークショーに出席した。ヤン・イクチュンが俳優として出演した「かぞくのくに」のヤン・ヨンヒ監督、同作で共演した大森立嗣監督も応援に駆けつけ、和気あいあいとしたトークで会場を盛り上げた。

初の長編作品で監督・脚本・主演をつとめた映画「息もできない」が、国内外の映画祭で高く評価されたヤン・イクチュン監督の最新作として注目を集めた今作。心に傷を抱える女と傍で見守る男のやりとりから、愛の本質を浮き彫りにした物語で、ロッテルダム国際映画祭に正式出品が決定している。

ヤン・ヨンヒ監督は「改めて、イクチュンはロマンチックな男だなと思いました。彼自身は出演していないのに、本人が隅々まで出ている作品で、彼の繊細さや優しさを感じました」と紹介。すかさず、ヤン・イクチュンが「そう思わせるのは、女性を口説くための作戦です」とジョークではぐらかすなど、息の合ったトークで会場を笑いに包んだ。

前日行われた舞台挨拶では、ヤン・イクチュンに直接オファーした主宰者の山本監督から「どうして俺の誘いに乗ってくれたの?」と聞かれると、「(山本監督が)怖かったから……」と日本語でつぶやくなど、陽気な人柄がにじみでていた。

しかし、「息もできない」の後は、監督として辛い時期があったことも明かした。「全身全霊をかけて、ほぼひとりで作ったデビュー作だったので、監督としても俳優としても力を出し尽くした。次に何を撮るべきか、すごく悩みました。でも、今回まったく新しい環境で、自由に製作できたので、リフレッシュできた。僕にとって、映画を作る過程がとても大切だということも再確認した。来日したことで、新しい仕事のオファーもいただきました。形になるかどうかは別として、こうした縁を今後も大事にしていきたい」と話した。

かぞくのくに ブルーレイ[Blu-ray/ブルーレイ] かぞくのくに ブルーレイ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,030 25年が経過して、兄があの国から帰ってきた…。ヤン・ヨンヒ監督が、今なお北朝鮮で暮らす家族を想い書き下ろした真実の物語。出演:ヤン・イクチュン
息もできない[DVD] 息もできない[DVD] 最安価格: ¥3,201 世界が泣いた。世界が震えた。国際映画祭、映画賞で25以上もの賞に輝いた魂の映画。韓国のインディーズ映画界を代表する役者、ヤン・イクチュンが監督・製作・脚本・編集・主演の5役を務め海外から高い評価を受けた人間ドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi