クリスチャン・ベール、「バットマン」ファンの白血病少年と今度は電話で交流 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年1月30日 > クリスチャン・ベール、「バットマン」ファンの白血病少年と今度は電話で交流
メニュー

クリスチャン・ベール、「バットマン」ファンの白血病少年と今度は電話で交流

2013年1月30日 12:25

「真のヒーロー」と称賛されたベール 「真のヒーロー」と称賛されたベール
Photo by Dave M. Benett/WireImage
[拡大画像]

[映画.com ニュース] クリストファー・ノーラン監督が手がける「バットマン」3部作に主演したクリスチャン・ベールが、バットマンが大好きな8歳の白血病の少年と電話で交流を図っていたことが明らかになった。ベールは昨年9月にも、バットマンファンの4歳の白血病の少年とその家族をディズニーランドに招待したことがある。

米シアトル在住の8歳のザック君は、3年前から白血病との闘病を続けており、現在は入院中。「ダンボールで作ったバットモービルやマスクも持ってる」と嬉しそうに自慢するザック君とベールは、約9分にわたってバットマントークを繰り広げたが、そのときの様子をザック君の両親がYouTubeに投稿したのがきっかけとなってメディアに知られるところとなった。

ベールはザック君に対して「『バットマン』映画が言おうとしているのはね、誰でもバットマンになれるってことなんだ。誰でも強くなって、人を助けて、世界に対していいことができるってことなんだよ」と話した。

ベールは、米コロラド州オーロラで発生した映画館銃撃事件に際しても、自らの意志でオーロラを訪問し病院の入院患者を見舞っており、ベールを「真のヒーロー」と称賛する声は高まるばかりだ。

バットマン ビギンズ【初回生産限定スペシャル・パッケージ】[DVD] バットマン ビギンズ【初回生産限定スペシャル・パッケージ】[DVD] 最安価格: - 悲劇の発端を招いてしまった罪悪感、抑えがたい犯人への復讐心、父から受け継いだ善行への使命。さまざまな葛藤を抱え、ブルースは世界を放浪する旅に出る。監督・脚本:クリストファー・ノーラン、出演:クリスチャン・ベール
【初回数量限定生産】ダークナイト トリロジー ブルーレイBOX[Blu-ray/ブルーレイ] 【初回数量限定生産】ダークナイト トリロジー ブルーレイBOX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥6,731 ダークナイトが夜の闇に消え、一瞬にしてヒーローから逃亡者となってしまったあの夜から8年。ゴッサムを恐怖のどん底に陥れるベインの出現によって、ブルース・ウェインは自ら課した“潜伏期間”を切り上げざるを得なくなり、再びケープとマスクを身にまとう…。監督・脚本:クリストファー・ノーラン、出演:クリスチャン・ベール

レビュー利用規約に同意の上、コメント投稿する

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • GODZILLAの評論 GODZILLA リブート作品としては、非の打ち所のない完璧な出来
  • イーダの評論 イーダ 美しい構図の陰で過去が発掘され、苦痛が変容していく
  • 2つ目の窓の評論 2つ目の窓 河瀬直美監督が奄美大島を舞台に力強く描いた、死から生へと続く物語
映画評論の一覧を見る
採用情報