2012年総興収は約1952億円、邦画優位が一層顕著に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年1月30日 > 2012年総興収は約1952億円、邦画優位が一層顕著に
メニュー

2012年総興収は約1952億円、邦画優位が一層顕著に

2013年1月30日 17:00

年頭記者発表を行った日本映画製作者連盟「BRAVE HEARTS 海猿」

年頭記者発表を行った日本映画製作者連盟
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 一般社団法人日本映画製作者連盟(映連)の年頭記者発表が1月30日、都内のホテルで行われた。2012年の観客動員は1億5515万9000人で前年比107.2%。興行収入は1951億9000万円で同107.7%と共に微増となった。

2011年は東日本大震災の影響もあり、過去最高興収を記録した10年に比べ大きく数字を落としたが、若干の回復傾向を見せたといえる。ただ今回の発表から、ライブ中継を除くODS作品も計上されることになったため、公開本数は983本(ODS98本)と前年比184本増の大幅アップ。決して手放しで喜べる上昇カーブではない。

邦画と洋画の対比でも65.7%対34.3%と、邦画の優位がより一層顕著に。しかも、興収1位の73億3000万円を記録した「BRAVE HEARTS 海猿」を筆頭に「テルマエ・ロマエ」(59億8000万円)、「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」(59億7000万円)の上位3作品はもちろん、ベスト10のうち東宝配給作品が9本を占める“独り勝ち”状態だ。

同社の島谷能成社長は、昨年配給した34本の製作に携わった企業が延べ448社に上ったことを明かし、「わが社の歴代2位の興収を記録した、大変充実した1年だった」と回顧。そして、「今年は宮崎駿監督、高畑勲監督が25年ぶりに顔をそろえ、ジブリの年になりそうで楽しみ」とさらなる飛躍を誓った。

対する松竹の迫本淳一社長は、「期待に届かない作品が多く、反省すべき点が多い。ただ、自社企画の『わが母の記』が興収とクオリティの面で両立できたことは今後の指針になる」と巻き返しを期す。昨年12月に公開された「ONE PIECE FILM Z」がヒット街道をばく進中の東映・岡田裕介社長も「各社さんが機関銃を撃ち続けているが、うちはバズーカを狙ってどこで大穴を空けるか考えている」と自ちょう気味に語った。

今年が初参加となった角川書店の井上伸一郎社長は、「映像事業の再建をテーマに掲げ、昨年はV字回復で黒字を計上できる見込み」と説明。4月1日に東京・調布の角川大映スタジオを分社化し、さらなる収益向上を目指す考えを明かした。

興収50億円以上の作品が「ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル」1本に終わった洋画の低調ぶりについては各社とも明言を避けたが、島谷社長は「映画はすべてが新製品なので、並び方、集まり方ひとつで比率は動く」と強調。関連会社のTOHOシネマズチェーンを中心に上映中の「レ・ミゼラブル」、「テッド」が好調に推移していることを例に挙げ、「今年は洋画にも有力作品が多い。順調な滑り出しを見せているし、成否のカギを握る夏の興行に向け頑張ってくれるものと思う」と奮起を促した。

なお、全国のスクリーン数は3290と、前年比マイナス49。うちデジタル上映設備を備えているのは全体の88.1%に当たる2897スクリーンにまで増加。平均入場料金は1258円で、前年比プラス6円と単価の高いODSが数字を押し上げていることなども合わせて発表された。

BRAVE HEARTS 海猿 プレミアム・エディション <Bl...[Blu-ray/ブルーレイ] BRAVE HEARTS 海猿 プレミアム・エディション <Bl...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,758 世界最大級の天然ガスプラントの爆発事故から2年。仙崎大輔は最も危険な事案に従事する特殊救難隊で後輩の吉岡と共に日々苛烈な任務に就いていた。そんな折、吉岡の恋人が搭乗するジャンボ旅客機が羽田空港を目指し飛行中、エンジンが炎上し飛行が困難な状況に陥る…。
踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望 プレミアム・エデ...[Blu-ray/ブルーレイ] 踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望 プレミアム・エデ...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,326 国民的人気シリーズ“踊る”が遂にファイナルを迎える!湾岸署管内で開催中の国際環境エネルギーサミット会場で誘拐事件が発生。数時間後に被害者は射殺体で発見される。所轄の捜査員には一切の情報が開示されない異例の捜査方法が発表される。そんな中、第2の殺人が発生し…。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi