野沢那智さんの息子・野沢聡、ジョン・マクレーンの息子ジャックの吹き替え : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年1月28日 > 野沢那智さんの息子・野沢聡、ジョン・マクレーンの息子ジャックの吹き替え
メニュー

野沢那智さんの息子・野沢聡、ジョン・マクレーンの息子ジャックの吹き替え

2013年1月28日 07:00

亡き父の姿を胸に、ジャック・マクレーン(右)の 吹き替えに挑んだ野沢聡(左)「ダイ・ハード」

亡き父の姿を胸に、ジャック・マクレーン(右)の
吹き替えに挑んだ野沢聡(左)
(C)2013 Twentieth Century Fox
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ブルース・ウィリスが“世界一ツイてない”刑事ジョン・マクレーンに扮する人気アクションシリーズ最新作「ダイ・ハード ラスト・デイ」(ジョン・ムーア監督)の日本語吹き替え版で、ジョンの息子ジャック・マクレーンを、故野沢那智さんの息子で俳優の野沢聡が務めることがわかった。

2010年に他界したベテラン声優の那智さんは、1990年の「ダイ・ハード」テレビ地上波放送時から長年にわたりウィリスの吹き替え声優を務め、その相性の良さや熱演ぶりから「ウィリスの声=那智さん」と広く認識されるほど好評を博した。

息子の野沢聡は、主にミュージカルなど舞台を中心に活動する俳優。那智さんが前作「ダイ・ハード4.0」(07)の吹き替えを担当する折には、「リハーサル用に、少しでも鮮明に資料映像が見取れるようにと、当時としてはまだ比較的高価だった液晶テレビを父にプレゼントした記憶があります」という。「天才肌と称されることが多い父・野沢那智でしたが、実は大変な努力家で、寝食も忘れるほどリハーサルに没頭し、それこそ命を削るように一言一句にまでこだわっていました。だからこそ、そんなプレゼントもふと自然にできたのでしょう」と述懐。幼いころから、そんな父のストイックな姿勢、とりわけ「ダイ・ハード」への並々ならぬ意欲を間近に見てきたゆえに、「声の仕事に対しては、生半可な覚悟で手を出すべきではないと思い、控えてきました」と明かす。

しかし、那智さんが亡くなった後、野沢は一大決心をして声の仕事に取り組むようになり、主に海外テレビシリーズの吹き替えなどを担当してきた。そして、本作のオファーを受けた野沢は、「『すべてはこのためだったのか!』と身震いするほどに受けた衝撃的な感覚はいまだに忘れられません」と強い思いを胸に出演を決めた。リハーサルや収録日も、晩年の那智さんと過ごした日々が脳裏をよぎったといい、「『A GOOD DAY TO DIE HARD』、とても良い濃密な1日となりました。つたないところも多々あると思います、しかし、せめて思いだけでも負けぬよう収録に臨み、精一杯、体当たりをして取り組ませていただきました」と本作の原題を引き合いに出し、その心境を語っている。

ダイ・ハード ラスト・デイ」は、ロシアの首都モスクワを舞台に、ジョンとジャックのマクレーン父子が、巨大な陰謀を阻止するため戦う姿を描く。息子ジャックは、テレビシリーズ「スパルカタス」などで知られる若手俳優のジェイ・コートニーが演じている。2月14日から全国公開。

ダイ・ハード:クアドリロジーブルーレイBOX<5枚組>〔初回生産...[Blu-ray/ブルーレイ] ダイ・ハード:クアドリロジーブルーレイBOX<5枚組>〔初回生産...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥6,397 ダイ・ハードシリーズ4作品を収録したお買得BOX!「ダイ・ハード」「ダイ・ハード2」「ダイ・ハード3」「ダイ・ハード4.0」の4作品収録。「ダイ・ハード/ラスト・デイ」公開記念として1時間にわたるスペシャルディスク付き。出演:ブルース・ウィリス
マックス・ペイン <完全版>[DVD] マックス・ペイン <完全版>[DVD] 最安価格: ¥1,229 悲しき復讐の鬼と化した男のハードボイルド・アクション!最愛の妻子を惨殺された苦しみに耐えながら、復讐のためにその犯人を追い続けるNY市警の刑事マックス・ペイン。見え隠れする謎を追ううちに、いつしかマックスは危険な迷宮へと足を踏み入れていくのだが…。監督:ジョン・ムーア

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi