松江哲明監督が劇映画に初挑戦 山下敦弘監督は松江監督代表作をモチーフに製作 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年1月26日 > 松江哲明監督が劇映画に初挑戦 山下敦弘監督は松江監督代表作をモチーフに製作
メニュー

松江哲明監督が劇映画に初挑戦 山下敦弘監督は松江監督代表作をモチーフに製作

2013年1月26日 05:00

松江哲明監督(右)と山下敦弘監督「苦役列車」

松江哲明監督(右)と山下敦弘監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 映画監督が一般公募の役者やスタッフとともに映画制作する「シネマ★インパクト」の上映会が、1月26日から東京・オーディトリウム渋谷で始まる。今年は、「苦役列車」の山下敦弘監督と「フラッシュバックメモリーズ 3D」の松江哲明監督という、日本映画界を代表する新鋭が初参戦した。

松江監督は、初の劇映画となる「SAWADA」、山下監督は、松江監督の代表作をモチーフにした「ありふれたライブテープにFocus」を製作。着実にキャリアを重ねる2人にとって、今回のプロジェクトはどのようなものになったのだろうか。

松江監督は、「ワークショップも劇映画も初めてだったので、役者は大変だったと思います。スタッフからは、“蜷川幸雄さんでも、そんなに短時間で女優を泣かせないですよ”と言われたくらい」と苦笑い。しかし、役者の演技と迫力はプロかと見間違うほど。「主宰である山本政志監督のもと集った5人の監督が、決められた時間や予算という同じ条件で映画を作るのが、以前、僕たちも参加していた“ガンダーラ映画祭”に似ていると感じたんです。だから、今回はじめに言ったのは、“僕が一番面白い映画を作る!”でした。他はベテランの監督ばかりですが(笑)」。

ワークショップでの映画製作は10年以上という山下監督は、「いろいろな演出を試せるので、幅が広がりますね。今回のチャレンジとしては、役者を全員使うことでした」と振り返る。「ワークショップが面白いのは、毎日顔を付き合わせてやっていると、だんだん学校のクラスみたいになるところ。一人ひとりのキャラクターを引き出して、話を転がしていくのがすごく面白くて。今回も、まず自己紹介をしてもらって、あだ名を決めたんです。それで、役者のクセがかなりわかるんですよ。まあ、それが商業映画に生かせているかは、わからないけど」と言うが、漫画が原作の短編「中学生日記」(2005)も、ワークショップから生まれた傑作だった。

監督にとっては自由に映画製作できる場所であり、役者や製作スタッフ志望者にとっては、またとない実践の機会である「シネマ★インパクト」。観客にとっては、映画監督の才能がぶつかり合う、刺激的なタッグマッチを見ることができるはずだ。

2月8日まで、同館で上映中。

苦役列車(初回限定生産版)[DVD] 苦役列車(初回限定生産版)[DVD] 最安価格: ¥4,693 19歳の北町貫多は、明日のない暮らしを送っていた。ある日、職場で新入りの専門学生・日下部正二と知り合い、友達と呼べる存在となっていく。やがて、古本屋で店番をしている桜井康子に一目惚れした貫多は、日下部の仲介によって彼女とも友達になるのだが…。監督:山下敦弘
あんにょん由美香[DVD] あんにょん由美香[DVD] 最安価格: ¥4,104 AV女優としてキャリアをスタートし、ピンク映画やテレビ、一般映画を問わず出演し活躍した今は亡き伝説の女優、林由美香。彼女が亡くなった後に発掘された韓国産ビデオ「東京の人妻 純子」に出会い衝撃を受けた松江哲明監督が、韓国へと旅立ち林由美香の足跡を辿るドキュメンタリー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi