亀山千広プロデューサー、報道として「3.11を風化させてはいけない」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年1月25日 > 亀山千広プロデューサー、報道として「3.11を風化させてはいけない」
メニュー

亀山千広プロデューサー、報道として「3.11を風化させてはいけない」

2013年1月25日 14:00

君塚良一監督(左)と亀山千広プロデューサー「遺体 明日への十日間」

君塚良一監督(左)と亀山千広プロデューサー
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 東日本大震災直後の遺体安置所を舞台にした映画「遺体 明日への十日間」の外国人記者向け英語字幕付き試写会が1月24日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で行われ、君塚良一監督と亀山千広プロデューサーが会見した。

3.11で甚大な被害を受けた岩手県釜石市の遺体安置所を取材した石井氏のルポタージュ「遺体 震災と津波の果てに」(新潮社刊)が原作。震災直後、犠牲者と遺族の一刻も早い再会をかなえようと、釜石市民の医師や歯科医やボランティアたちが遺体の搬送や検視、身元確認などのつらい作業にあたる姿を克明に描く。主演は西田敏行、共演に緒形直人勝地涼國村隼佐藤浩市柳葉敏郎ら豪華俳優陣が出演した。

君塚監督は、撮影時を振り返り「自分の気持ちだけが障害だった。被災者や遺族の傷口を広げているだけなのではとも思った。しかし日本中、世界中の方に伝えたいという気持ちが勝ったので撮影を続けた」と覚悟を明かした。福島で起きた原発事故について言及がないことを指摘されると、「映画で人間を描きたかった。システムや政治の矛盾よりも、釜石市民を描く方が人間を描くことだと思った」と説明。さらに、「ノンフィクションの原作をもっと多くの人に伝えるために映像化した。あるがままに、創作をほとんど加えずに描いた」とリアルな描写を徹底した。

そのため君塚監督は音楽の使用もなるべく控え、「体育館にいたご遺族の話だと、泥を踏む音、すすり泣く声、パトカーのサイレン、この3つの音しか聞こえなかったという。彼らの記憶を尊重するため、それらの音だけでほぼ全編を構成した」とこだわりを語った。亀山プロデューサーは、「音楽をもっと入れてほしいという希望はあった。しかし、一緒に『踊る大捜査線』を作った本広克行監督が『音楽は外せ』と言ったので、エンタテインメントをやってきた監督がそう言うのであればとその場は折れた。結果、彼らは正しかった」と納得していた。

これまで数多くの娯楽大作を手がけてきた亀山プロデューサーは、作風の変化を聞かれ「私はテレビ局の人間なので、テレビには報道というセクション、ジャーナリズムの側面がある。そこの映画部門を預かっている以上、3.11は避けて通れないと思った。風化させることがあってはいけないと思う。これからもその姿勢はもっていたい」。また、製作にあたって「障害は僕の気持ちだけだった。事実に沿うとはいえ、演出して作っていいものだろうかと。日本のメディアは数を発表したけど、1体も遺体を映していない。それでいいのか、伝え切れているのだろうかという思いはあった。それで(映画化を)報道のトップに相談したらやってくれと。劇中に『死体じゃない、ご遺体なんだ』というセリフがあるけど、それが全てだと思う」と熱く語った。

遺体 明日への十日間」は2月23日から公開。本作の収益は全額、被災地に寄付される。

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望 プレミアム・エデ...[Blu-ray/ブルーレイ] 踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望 プレミアム・エデ...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,495 湾岸署管内で開催中の国際環境エネルギーサミット会場で誘拐事件が発生し・・・国民的人気シリーズ“踊る”が遂にファイナルを迎える!脚本:君塚良一
アウトレイジ ビヨンド[DVD] アウトレイジ ビヨンド[DVD] 最安価格: ¥2,873 映画“アウトレイジ”前回の抗争から5年後。獄中で死んだはずのヤクザ、大友(ビートたけし)が生きていたという驚愕の事実が発覚する!アウトレイジ(極悪非道)たちのクライマックスの物語。出演:西田敏行

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi