デビッド・フィンチャー監督、女流作家のダークスリラー小説を映画化? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年1月24日 > デビッド・フィンチャー監督、女流作家のダークスリラー小説を映画化?
メニュー

デビッド・フィンチャー監督、女流作家のダークスリラー小説を映画化?

2013年1月24日 11:25

多くの新作企画を抱えるフィンチャー監督「ドラゴン・タトゥーの女」

多くの新作企画を抱えるフィンチャー監督
写真:AP/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] デビッド・フィンチャー監督が、女流ミステリー作家ギリアン・フリンによる3作目の小説「Gone Girl (原題)」の映画化で、メガホンをとることを検討しているようだ。

原作は、結婚5周年の記念日に姿を消した女性をめぐるダークスリラー。昨年6月に発売されてから、ニューヨーク・タイムズ紙のベストセラーリストで8週連続No.1となり、すでに200万部を売り上げている。

米バラエティ紙によれば、20世紀フォックスが昨年7月、各社争奪戦の末に原作の映画化権を獲得し、リース・ウィザースプーンとともに製作する。ウィザースプーンが主人公の女性を演じるかどうかは、まだ明らかになっていない。

フィンチャー監督は、数年前から足踏み状態にあるウォルト・ディズニー製作のリメイク版「海底2万マイル」の企画も抱えている。昨年10月、主演としてブラッド・ピットが候補に挙がっていると伝えられたが、交渉は成立しなかった模様。フィンチャー監督は同作がお蔵入りになる可能性も視野に入れ、新たな作品探しに乗り出しているようだ。

ちなみに、「ドラゴン・タトゥーの女」の続編「火と戯れる女(仮題)」もなかなか進捗が見られないが、ソニー・ピクチャーズは現在もフィンチャー監督を希望している。

【初回生産限定スペシャル・パッケージ】セブン[Blu-ray/ブルーレイ] 【初回生産限定スペシャル・パッケージ】セブン[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - キリスト教の7つの大罪にもとづく連続殺人に挑む新任刑事とベテラン刑事のコンビの姿を描いた、サイコ・サスペンス。監督:デビッド・フィンチャー
幸せの始まりは[DVD] 幸せの始まりは[DVD] 最安価格: ¥1,000 恋する元気をもらえるちょっぴり切ないラブ・ストーリー。出演:リース・ウィザースプーン

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi