リメイク版「ゴジラ」プロデューサー、スタジオを訴える : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年1月22日 > リメイク版「ゴジラ」プロデューサー、スタジオを訴える
メニュー

リメイク版「ゴジラ」プロデューサー、スタジオを訴える

2013年1月22日 13:20

リメイク版をめぐる内紛が法廷闘争に発展「ゴジラ」

リメイク版をめぐる内紛が法廷闘争に発展
写真:Everett Collection/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ハリウッドのリメイク版「ゴジラ」をめぐる内紛が法廷闘争に発展したと、ロサンゼルス・タイムズ紙が報じた。

同作のプロデューサーを務めていたダン・リンロイ・リー、リーのパートナーのダグ・デビッドソンは、不当に解雇されたとして製作会社レジェンダリー・ピクチャーズを訴えた。訴状によると、3人は同社のために「ゴジラ」のリメイク権を獲得。しかし、レジェンダリー側はプロデューサーがリメイク版「ゴジラ」製作にほとんど貢献しなかったとして解雇し、企画開発費として2万5000ドルしか支払わなかったという。

原告によれば、2010年にレジェンダリーはプロデューサー料として映画の興行収入の3%か、130万ドルのいずれか高い方を支払うと約束。正式な契約書は存在しないものの、ジョン・ジャシュニ社長が「手厚くもてなす」と約束したメールが存在するという。

一方、レジェンダリー側の主張によれば、同社は11年に独自の同意書を作成。同意書には、クランクイン前であれば企画開発費の支払いのみで、プロデューサーを解雇できると明記されているという。プロデューサー側は署名こそしていないものの、作成から1年ものあいだ同件について不服申し立てがなかったため、同意したものとみなされると主張している。

レジェンダリー・ピクチャーズは、ワーナー・ブラザースと共同でいくつもの大作映画を製作。最近は独自映画の製作に着手しており、黒人初のメジャーリーガーとして知られるプロ野球選手ジャッキー・ロビンソンの伝記映画「42(原題)」や、ギレルモ・デル・トロのアクション大作「パシフィック・リム」などを手がけている。

ゴジラ(昭和59年度作品)[Blu-ray/ブルーレイ] ゴジラ(昭和59年度作品)[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 火山の爆発で目覚めたゴジラと首都防衛移動要塞スーパーXの決戦を収めた作品。
処刑教室[DVD] 処刑教室[DVD] 最安価格: ¥2,873 盗難事件の裏で発覚する新たなる陰謀とは─。「ディパーテッド」製作陣が贈る予測不能サスペンス!!製作:ロイ・リー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi