究極のSFディストピア!問題作「カレ・ブラン」が今春公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年1月20日 > 究極のSFディストピア!問題作「カレ・ブラン」が今春公開
メニュー

究極のSFディストピア!問題作「カレ・ブラン」が今春公開

2013年1月20日 21:10

「カレ・ブラン」の一場面「カレ・ブラン」

「カレ・ブラン」の一場面
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2012年フランス映画批評家協会賞を受賞した、新鋭ジャン=バティスト・レオネッティ監督の問題作「Carre blanc」の邦題が「カレ・ブラン」になり、今春に公開されることが決定した。

フランス語で「白い四角形」を意味する「カレ・ブラン」と名付けられた今作は、レオネッティ監督が脚本と製作も兼ねたSF映画。淡々とした映像で、権威主義によって“生物学的弱者”が生きる場所を奪われていくディストピアを描く。ジョージ・ルーカス監督のデビュー作「THX1138」(1971)、スタンリー・キューブリック監督の傑作「時計じかけのオレンジ」(71)など往年の名作のように、全体主義や不条理にスポットをあてる。

舞台は、思考や感情が統制された近未来。完全な管理のもと、人類は“社畜”と“家畜”に分類。“社畜”が“家畜”に弱者判別テストを施し、不合格者は人肉として“社畜”の食卓に提供される不条理が繰り返されていた。幼いころから思想教育を受けてきたフィリップとマリー夫婦は、“社畜”として不自由ない生活を送っていたが、やがてふたりの間に亀裂が生じるようになる。

第22回ストックホルム国際映画祭(スウェーデン)で最優秀作品賞にノミネートされたほか、第44回シッチェス・カタロニア国際映画祭(スペイン)、第36回トロント国際映画祭(カナダ)、第30回ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭(ベルギー)などに正式出品。薬物や暴力シーンなど過激な描写がないにもかかわらず、フランスでは「精神的な暴力の提示」を理由に数館のみの公開にとどまり、問題作として注目を集めている。

カレ・ブラン」は、今春に東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムで公開。

THX-1138 ディレクターズカット 特別版[DVD] THX-1138 ディレクターズカット 特別版[DVD] 最安価格: ¥1,080 コンピューターが人間を支配する25世紀の未来を舞台に、支配に逆らい愛し合おうとする男女の姿を描いた作品。監督・脚本・原作:ジョージ・ルーカス
時計じかけのオレンジ[DVD] 時計じかけのオレンジ[DVD] 最安価格: ¥927 他人の悲劇を自分の楽しみとする反逆児アレックスの姿を、スタンリー・キューブリックが見事に描いた作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi