「天国の若松監督に届け」寺島が、井浦が遺作「千年の愉楽」先行上映で哀悼の意 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年1月18日 > 「天国の若松監督に届け」寺島が、井浦が遺作「千年の愉楽」先行上映で哀悼の意
メニュー

「天国の若松監督に届け」寺島が、井浦が遺作「千年の愉楽」先行上映で哀悼の意

2013年1月18日 07:00

若松監督の早すぎる死をしのんだ寺島しのぶ、井浦新ら「千年の愉楽」

若松監督の早すぎる死をしのんだ寺島しのぶ、井浦新ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 昨年10月に亡くなった若松孝二監督(享年76)の遺作となった「千年の愉楽」が1月17日、東京・テアトル新宿で先行上映され、出演の寺島しのぶ佐野史郎高良健吾、高岡蒼佑、井浦新が上映後に舞台挨拶に立った。

立ち見客もあふれるほどの熱気に包まれた客席からは、エンドロールが流れると同時に拍手が沸き起こり、主演の寺島は「監督もどこかで見ていらっしゃって、本当に喜んでいると思う」と晴れやかな笑顔。若松監督作品は3作目となり、「監督と関われて私は本当にラッキーだった。というか過去形にしたくない。人間として学ぶことが多すぎて、なんで今いないのか不思議。ずーっと、これからも私の支えになってほしい」としのんだ。

5作目の若松組となる井浦はわずか1シーンの出演だったが、「『おまえがこの物語の語り部として伝える役目』だと言われ、とんでもないプレッシャーを背負わされた。気づいたら、ものの30分で終了していたが、ものすごい集中力で全部をぶつけていけた」と満足げ。昨年6月公開の「11・25 自決の日 三島由紀夫と若者たち」から芸名を本名に改めただけに、「役者・井浦新は、監督が産んで育ててくれた若松作品の一部。これからも教えを守りながらやっていきたい」と決意をにじませた。

一方、初参加の高良は、「監督と初めてお会いした時、自分の中に爆発しそうなものがあって、焼き鳥屋でその思いを聞いてもらった。『僕についてくれば大丈夫』と言われ勇気、パワーをもらった」と感謝しきり。高岡も、ツイッターの投稿が物議をかもしていた一昨年夏頃に出演依頼を受け、「監督は何も聞かず、何も否定せず、自分の生きる場所をつくってくれた気がする。決して自分というものを失わないように、一生懸命生きていきたい」と思いをはせた。

そして、「監督の愛情がこもった作品を大切にしてあげてください」(寺島)、「間違いなく監督の第2章は、この作品で始まる。1人でも多くの人に届けていきたい」(井浦)など、それぞれが天国の若松監督に語りかけるようにアピール。長年の親交がある佐野は、「若松さんが今ここにいらしたら、この後で絶対、行きつけの(新宿)二丁目のバーに連れていかれるね」と冗談めかして、場の雰囲気を和ませていた。

千年の愉楽」は中上健次の代表作の映画化で、女たちに愉楽を与える男たちの壮絶な生き死にを、すべてを見続けてきた産婆オリュウノオバの視点で描く。3月9日に全国で公開される。

キャタピラー[DVD] キャタピラー[DVD] 最安価格: ¥3,926 「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」の若松孝二が描く、人間の真実。そして男は“軍神”となり、“奴隷”となった。監督:若松孝二、出演:寺島しのぶ
リッチマン,プアウーマン DVD-BOX[DVD] リッチマン,プアウーマン DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥19,046 IT企業社長と就職難にあえぐ女性の等身大ラブストーリー。主人公の日向徹はリッチとはいえ、およそ欠陥だらけと思われる性分。そんな徹と出会い、彼の純粋さと孤独に惹かれていく夏井真琴。二人は度々衝突を繰り返しながらも、お互いを知り成長していく…。出演:井浦新

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi