ピース綾部、杉本彩とSMシーンに大満足 熟女のエロス語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年1月16日 > ピース綾部、杉本彩とSMシーンに大満足 熟女のエロス語る
メニュー

ピース綾部、杉本彩とSMシーンに大満足 熟女のエロス語る

2013年1月16日 08:00

完成披露試写会に登壇した竹中直人監督、 平田薫、「ピース」の綾部祐二、津田寛治「R-18文学賞 vol.1 自縄自縛の私」

完成披露試写会に登壇した竹中直人監督、
平田薫、「ピース」の綾部祐二、津田寛治
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 竹中直人がメガホンをとった新作「R-18文学賞 vol.1 自縄自縛の私」の完成披露試写会が1月15日、東京・新宿バルト9であり、竹中監督と主演の平田薫、共演の「ピース」綾部祐二津田寛治が舞台挨拶を行った。

本作で杉本彩とラブホテルでのSMシーンに挑戦した綾部は、「杉本さんに包みこまれました。いろいろと熟女とお騒がせしましたが、杉本さんはエロい。フェロモンが半端なかったです」とにやけ顔。熟女の魅力を問われると、「若い子にはない品の中にエロティックな性に対する執着心があるのが魅力」と包み隠さず明かし、観客からの冷笑を浴びた。

今回監督に徹した竹中は、主人公の恋人役を演じた綾部に、キスシーンはカットがかかるまでふだんしているキスをするよう指示したといい、「私が言ったことにすべて応じてくれた」と満足げ。そして「直感力がするどい」と役者としての綾部を褒め称えた。

劇中で本格的な自縛シーンを披露した平田は、「1カ月半、体になじむように毎日ひたすら1人で練習しました」と役づくりの努力を明かし、会場を驚かせた。またこの日、劇中の自縛シーンの指導を行った緊縛師の奈加あきら氏がゲストとして登場。特製の麻ひもで縛り上げられた綾部は、プロの手技に悶絶していた。

原作は新潮社が主催する公募新人文学賞「女による女のためのR-18文学賞」を受賞した蛭田亜紗子氏の小説「自縄自縛の私」。自らを縛り上げるという密かな楽しみを持つ百合亜は、会社でのストレスフルな日々を自縛によって解放していく。そしてネットを通じて“運命の人”と出会い、百合亜は自縛の楽しみを更にエスカレートさせる。

R-18文学賞 vol.1 自縄自縛の私」は2月2日全国で公開。

壬生義士伝 4枚組[DVD] 壬生義士伝 4枚組[DVD] 最安価格: ¥12,697 夫として父親として、家族を愛し、人間らしく生きようとした新撰組の男の物語。出演:竹中直人

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi