名匠・大島渚監督死去、80歳 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年1月15日 > 名匠・大島渚監督死去、80歳
メニュー

名匠・大島渚監督死去、80歳

2013年1月15日 20:07

「戦場のメリークリスマス」でメガホンをとった大島渚監督「愛と希望の街」

「戦場のメリークリスマス」でメガホンをとった大島渚監督
写真:Album/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 映画監督の大島渚さんが、1月15日午後3時25分に神奈川・藤沢市の病院で肺炎のため死去した。80歳だった。

大島監督は1932年、京都生まれ。京都大学卒業後、54年に松竹入社。大船撮影所の助監督を経て、59年に「愛と希望の街」で監督デビューを飾った。その後、「青春残酷物語」「太陽の墓場」などのヒット作を手がけ、松竹ヌーベルバーグと称された。

松竹を退社した61年には独立プロ「創造社」を設立し、「白昼の通り魔」「絞死刑」「新宿泥棒日記」といった問題作を次々と発表。創造社を解散した75年、日仏合作で阿部定事件を題材とした「愛のコリーダ」を製作し、国際的な評価を確固たるものとする。

その後も、「愛の亡霊」がカンヌ映画祭監督賞を受賞。「戦場のメリークリスマス」もカンヌ映画祭パルムドール最有力と前評判は高かったが、受賞はならなかった。

96年には、新撰組を題材にした約10年ぶりの新作製作を発表したが、英ヒースロー空港で出血性脳梗塞で倒れた。リハビリを経て99年に「御法度」を完成させ、再びカンヌ映画祭に出品した。

2000年に紫綬褒章を受章。01年6月には、フランス政府からフランス芸術文化勲章(オフィシエ)を受章。近年は妻で女優の小山明子に支えられながら言語障害、右半身麻痺を克服すべくリハビリに励んでいたが、再びメガホンをとることはかなわなかった。

戦場のメリークリスマス[DVD] 戦場のメリークリスマス[DVD] 最安価格: ¥3,518 映画のみならずテーマ音楽もヒットを飛ばした、1980年代の日本映画を代表する作品。ジャワの日本軍俘虜収容所を舞台に、日本軍人と英国人俘虜との複雑な関係を描く。監督・脚本:大島渚
大島渚BOX 2[DVD] 大島渚BOX 2[DVD] 最安価格: ¥6,300 不世出の監督“大島渚”の作品をセットにしたDVD-BOX第2弾。「太陽の墓場」「白昼の通り魔」「日本春歌考」の3作品を収録。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi