本木雅弘、アカデミー賞が導いた「ライフ・オブ・パイ」との不思議な縁 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年1月9日 > 本木雅弘、アカデミー賞が導いた「ライフ・オブ・パイ」との不思議な縁
メニュー

本木雅弘、アカデミー賞が導いた「ライフ・オブ・パイ」との不思議な縁

2013年1月9日 12:30

本作で初の実写洋画吹き替えに挑戦した本木雅弘「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」

本作で初の実写洋画吹き替えに挑戦した本木雅弘
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の本木雅弘アン・リー監督の最新作「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」の日本語吹き替え版で、初の実写洋画吹き替えに挑戦した。

少年とどう猛なトラが1隻の救命ボートで227日間にわたって漂流する姿を、壮大なスケールと神秘的な3D映像で描くドラマチックな一作。本木は、「声だけという形でもアン・リー監督の作品に参加できるなんて光栄。実は声優の候補者リストを見ながら、アン・リーが『彼は“Departures”に出ていた俳優だよね』って言ってくれたみたい。出会いって思わぬ形で飛び出してくるものですね」と感想を語る。第81回アカデミー賞で外国語映画賞を受賞した「おくりびと」(英題「Departures」)が、本年度のオスカー有力の呼び声も高い本作との橋渡しとなり、本木を新たな表現のステージに誘った。

本木が演じるのは、イルファン・カーンが演じる主人公パイの成長した姿。そのカーンは、「おくりびと」と同じ年度のアカデミー賞で作品賞を受賞した「スラムドッグ$ミリオネア」に出演しており、ここでも“オスカーの縁”を感じさせる。「抑えた雰囲気のなかに、静かな迫力を感じさせる俳優さん。線の細い薄味の自分が(笑)、演じられるのかっていう不安もあって、最初は気負いましたね」と本木。それでも少年時代に体験したサバイバルを回想するという役割に「いい意味でストーリーを補強するナレーションとして捉え、語りに感情をこめることに努めました」と振り返る。

映画はアン・リー監督が初の3Dに挑み、「アバター」のジェームズ・キャメロンが提供した最先端のデジタル・テクノロジー技術を駆使し、ダイナミックな映像美を生み出すことに成功した。“先駆者”キャメロンをして「これこそ3D映画のあるべき姿だ」と絶賛する世界観に、本木も「すっかり魅了された」といい、「臨場感あふれるリアルな迫力が、主人公の過酷な冒険を自然と見る側に引き寄せてくれる。それにすべてを見せるのではなく、うまく割愛することで観客に想像させる余白を残す演出は、さすがアン・リー。映画を見ながら、僕自身も“心の漂流”を体感しました」と言葉にも熱がこもる。

なぜ、絶望的な状況に置かれながら、少年パイは最後まで希望を失わず、生き抜こうとしたのか。本木は、主人公の姿から「希望は誰かが与えてくれたり、ひょいとやって来たりはしない。自分で作り出すものなんだと改めて教えてもらった」という。

「見れば見るほど味わいが変わってくるし、きっと各世代によっても受け取り方が結構違うでしょうね。例えば子どもたちにはスリルあふれる冒険ストーリーだし、僕みたいな伸び悩んでいる中年には(笑)人生を叱咤激励してくれる映画でもあると思う」

ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」は、心の漂流を通して、希望のあり方を問いかけるアン・リー監督の渾身作だ。1月25日から全国公開。

スラムドッグ$ミリオネア[DVD] スラムドッグ$ミリオネア[DVD] 最安価格: ¥3,292 アジア最大のスラム街・ムンバイで育ったジャマールは、世界的な人気番組「クイズ$ミリオネア」で一夜にして億万長者のチャンスを掴んだ。しかし不正な疑いをかけられ、警察に連行されてしまう。逆境に負けることなく、愛と希望を手に運命を勝ち取っていく少年を描いたエンタテイメントムービー!出演:イルファン・カーン
おくりびと[DVD] おくりびと[DVD] 最安価格: ¥2,796 求人広告を手に会社を訪れた大悟は、社長から思いもよらぬ業務内容を告げられる。それは遺体を棺に収める「納棺」という仕事だった。納棺師の見習いとして働き出す青年と様々な境遇のお別れを描いた感動のドラマ。出演:本木雅弘

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi