川島海荷、10代最後の年は「ひとりラーメンできるようになりたい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年1月8日 > 川島海荷、10代最後の年は「ひとりラーメンできるようになりたい」
メニュー

川島海荷、10代最後の年は「ひとりラーメンできるようになりたい」

2013年1月8日 20:38

抱負を語った川島海荷「劇場版 HUNTER×HUNTER 緋色の幻影(ファントム・ルージュ)」

抱負を語った川島海荷
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の川島海荷が1月8日、東京・虎ノ門のニッショーホールで行われたアニメ映画「劇場版 HUNTER×HUNTER 緋色の幻影(ファントム・ルージュ)」の完成披露試写会に、俳優の藤木直人、音楽グループ「ゆず」とともに出席。川島は、今年チャレンジしたいことを問われると「10代最後の年なので、20歳に向けてひとりラーメンとかひとり旅とか、ひとりでできるようになりたい。あんまりひとりで行動できない人なんです」と抱負を語った。

原作は、人気漫画家・冨樫義博氏が1998年から「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で連載している冒険漫画。冨樫氏が約10年前に手がけたものの未公開となっていたネームをもとに、クルタ族の少年クラピカの過去を描くオリジナルストーリーとして、シリーズ初の劇場版を完成させた。

川島は、これまでに映画「ガフールの伝説」「モンスター・ホテル」、テレビアニメ「STAR DRIVER 輝きのタクト」でアニメ声優を務めてきたが、男の子キャラクターを担当したのは今回が初めて。物語のキーパーソンとなるクラピカの親友パイロ役に挑み、「役づくりしようと思って低い声を練習していたけれど、監督に『そのままの川島さんでいいから』と言ってもらえて、あまり緊張せずにできてよかった」。人気シリーズへの参加に「注目されていると聞くと、緊張やプレッシャーがありました」と明かしながらも、「戦闘シーンもあったので『HUNTER×HUNTER』に参加している気がしてうれしかった」と笑顔をのぞかせた。

一方の藤木は、クラピカたちの前に立ちはだかる盗賊集団「幻影旅団」の元メンバー、オモカゲ役で初の声優に挑戦。「デビューして17年。初の声優のオファーをもらって青天の霹靂(へきれき)でした」と振り返り、「声だけですべてを表現するというのは大変でした。絵コンテの状態で、表情がわからないまま想像して話すというのは難しかった」と明かした。これまでのイメージとは異なる悪役に起用され、「一体僕の何を見て悪役のオファーがきたのかと自分を顧みました。(セリフでは)人生で口にしたことがないような単語もありました」と会場の笑いを誘った。

ゆずのふたりはこの日、主題歌「REASON」の生歌をサプライズで初披露。川島と藤木は、「感動しました。もっと何回も聞きます!」(川島)、「すごく素敵なハーモニーで僕もいろんな向かい風に負けずに頑張りたい」(藤木)とゆずの生歌に酔いしれていた。

劇場版 HUNTER×HUNTER 緋色の幻影(ファントム・ルージュ)」は、1月12日から全国で公開。

HUNTER×HUNTER ハンターハンター 幻影旅団編 DVD-BOX I[DVD] HUNTER×HUNTER ハンターハンター 幻影旅団編 DVD-BOX I[DVD] 最安価格: ¥10,396 次々と襲ってくる試練を乗り越え、目的に向かって進むゴン、キルア、レオリオ、クラピカたちの冒険ストーリー『HUNTER×HUNTER』。第39話「ネガイ×ト×チカイ」から第48話「メキキ×ノ×キキメ」までの10話を収めた「幻影旅団編」DVD-BOX。原作:冨樫義博
怪物くん DVD-BOX[DVD] 怪物くん DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥14,489 怪物ランドのやんちゃな王子がドラキュラ、フランケン、オオカミ男をお供に、愉快痛快・奇奇怪怪に人間界での修行を繰り広げる藤子不二雄A原作によるテレビドラマ。出演:川島海荷

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi