男性役でオスカー候補の英女優J・マクティア「男役を演じること恐れない」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年1月5日 > 男性役でオスカー候補の英女優J・マクティア「男役を演じること恐れない」
メニュー

男性役でオスカー候補の英女優J・マクティア「男役を演じること恐れない」

2013年1月5日 14:30

そろってオスカー候補に挙がった グレン・クローズ(左)とジャネット・マクティア(右)「アルバート氏の人生」

そろってオスカー候補に挙がった
グレン・クローズ(左)とジャネット・マクティア(右)
(C)Morrison Films
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 19世紀アイルランドを舞台に、男として生きなければならなかった女性の姿を描き、第82回米アカデミー賞で3部門にノミネートされた「アルバート氏の人生」(ロドリゴ・ガルシア監督)が、1月18日に日本公開を迎える。同作で主人公アルバート(グレン・クローズ)に大きな影響を与えるヒューバートに扮した英女優ジャネット・マクティアが、男性を演じたことや作品について語った。

まだ独身女性の身分が低かった19世紀アイルランドのダブリンで、貧しさのため14歳で女性であることを捨て、男になることで職を手にして生きてきた主人公アルバート。ホテルのウェイターとして働き、人付き合いを避けて40年以上も孤独に生きてきたアルバートだったが、ペンキ職人のヒューバートと出会ったことから、自らを偽り続けてきたことに悩み始める。

ヒューバートもまた女性であることを捨て、男性として生きる人物だが、最愛の妻と幸せな生活を送っており、そんな2人の姿を見たアルバートはかすかな希望を抱く。マクティアは「性別や人種にかかわらず、人と愛し合うことはできる。アルバートの場合は、かなうことのない理想の将来を夢見ながら、他人とのかかわりを避けて仕事一筋で生きていたと思います。でも、ヒューバートはアルバートより心の傷が浅く、逆境に強いんです」と役どころを分析。「ヒューバートも過去に心の傷を負って男性として生きていますが、自分らしく幸せに生きて状況を受け入れている。彼女だけがアルバートに “自分は自分”、“それでいい”と教えるんです」と語る。

ともに男性役を演じた主演のクローズについては「本当に素晴らしい人です。私にとって特別な人ですね」とマクティア。本作でそろってオスカー候補に名を連ねた後は、クローズが主演するテレビシリーズ「ダメージ」にマクティアも参加。「完璧主義者だけど、面白くて、温かくて、とても優しい人。その上、尊敬に値するほど、プロ意識が高くて芸術的な才能にあふれている。とてもいい友人になれました。本当に素敵な人です」と惜しみない賛辞を送る。

本作の試写会では観客から「ジャネットがかっこいい」「すごく男前でびっくりした」という感想ももたらされている。マクティアは、男性役のオファーがきたことに「私は女性にしては少し男性的なのかも。声も低いし身長は186センチあるし。男役を演じることを恐れません」と胸を張る。「男性として認識されるのは、怖いと思われるでしょうけど、きっとヒューバートは面白がっていたと思います。ヒューバートは常に女性を口説いている魅力的なアイルランド男です。だけどその実は、最愛の女性である妻に全愛情を注いでいます。そこが素晴らしいです。1日だけなら男性になってみたい。どんな感じか味わいたいですね」

ダメージ シーズン1 VOL.1[DVD] ダメージ シーズン1 VOL.1[DVD] 最安価格: ¥1,000 現在と過去の出来事が交錯しながら、次第にショッキングな真実と謎の真相が明らかになっていく新感覚フラッシュバックサスペンス!出演:グレン・クローズ
嵐が丘[DVD] 嵐が丘[DVD] 最安価格: ¥3,009 自分を虐げた男と、愛する人を奪った男に復讐するために帰ってきた男の物語を描いた作品。出演:ジャネット・マクティア

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi