米紙による、アカデミー賞を改善するための3つの提言 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年1月1日 > 米紙による、アカデミー賞を改善するための3つの提言
メニュー

米紙による、アカデミー賞を改善するための3つの提言

2013年1月1日 22:00

旧コダックシアターの外観「007 スカイフォール」

旧コダックシアターの外観
写真:Press Association/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米映画界最高の栄誉とされるアカデミー賞授賞式が迫るなか、ハリウッド・レポーター紙が同賞を改善するための3つの提言を行った。まず、「投票時期を年2度にする」。アカデミー賞の対象となるのは1月1日から12月31日までにロサンゼルスで劇場公開された作品で、年末に投票が行われることから、各映画スタジオは良作を投票直前に公開する。そのため、秋から冬の間にだけ質の高い映画が集中投下されてしまう。このトレンドを変えるためには、投票を年2回実施し、対象作品を上半期と下半期に分ければいい。そうすれば1年間、まんべんなく良作が全米リリースされるようになる。

次に挙げられたのは、「アカデミー会員が投票できる部門を限定する」。「007 スカイフォール」に参加した撮影監督のロジャー・ディーキンスはこれまでに9回、作曲家のトーマス・ニューマンは10回、サウンドミキサーのグレッド・P・ラッセルに至っては過去15回もノミネートされながら、1度もオスカーを手にしていない。いずれもその分野の達人であり、同業者にその腕前を高く評価されているのに、アカデミー賞を受賞していないのは、投票方法に問題があるからだ、としている。

アカデミー会員は、俳優や監督、編集、アニメーターというように、自分の役職にしたがって計15の部門に分かれている。ノミネート段階では、自分の所属部門と作品賞だけに投票する仕組みになっているのだが、本番になるとほぼすべてのカテゴリーに投票が許される。映画製作のすべての役職に通じているアカデミー会員など皆無に等しいため、とくに技術部門賞で正当な評価をしづらい。そこで、ノミネートだけでなく、本番でも投票できる部門を制限すべきと訴えている。

3つめは、「一般映画ファンを巻き込む」。近年、アカデミー会員と一般映画ファンの好みがかい離しているといわれる。授賞式中継の視聴率をアップさせるだけでなく、アカデミー賞が今後も重要な映画賞であり続けるためには、一般の映画ファンを巻き込む工夫が必要だ。たとえば、「ポップコーン映画賞」(ポップコーン映画とは娯楽映画のこと)を新設し、ファンにオンライン投票させることを提案。ファンが投票するのであればアカデミーの威厳は損なわれず、大ヒット映画の監督や人気スターが授賞式に参加するのであれば、アカデミー賞中継にチャンネルを合わせる一般視聴者が増えるはずだ。

今年のアカデミー賞で何らかの変化が起きるのかに注目が集まる。授賞式は2013年2月24日、ハリウッドのコダック・シアターで行われる。

TIME/タイム[Blu-ray/ブルーレイ] TIME/タイム[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥927 人類の成長が25歳でストップし、〈時間〉が通貨となり支配する世界…。誰が、何のために作ったのか!?迫力満点のカーチェイスとガンバトルの末、たどり着いた結末とは―。これまでの常識を覆す衝撃のタイムリミットSFアクション!撮影:ロジャー・ディーキンス
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 コレクターズ・エディション[DVD] マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 コレクターズ・エディション[DVD] 最安価格: ¥1,080 <鉄の女>マーガレット・サッチャーの真実。人はみな、ひとりで生まれてきて、ひとりで死んでいく。どんな偉業を達成した人物であっても、それだけは変わらない。“鉄の女”も、今、その孤独に気づく。誇り高き女が心の中で流す涙に、思わず涙せずにはいられない感動の人間ドラマ。音楽:トーマス・ニューマン

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi