犬童一心監督、本広克行監督がデジタル化に思うこと 「サイド・バイ・サイド」トークイベント : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年12月30日 > 犬童一心監督、本広克行監督がデジタル化に思うこと 「サイド・バイ・サイド」トークイベント
メニュー

犬童一心監督、本広克行監督がデジタル化に思うこと 「サイド・バイ・サイド」トークイベント

2012年12月30日 13:45

犬童一心監督(左)と本広克行監督「サイド・バイ・サイド フィルムからデジタルシネマへ」

犬童一心監督(左)と本広克行監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] キアヌ・リーブスがホスト役を務め、映画界におけるデジタル技術の革命を検証するドキュメンタリー「サイド・バイ・サイド フィルムからデジタルシネマへ」のトークイベントが12月22、23日に渋谷・アップリンクファクトリーであり、「のぼうの城」の犬童一心監督、「踊る大捜査線」シリーズの本広克行監督が出席した。

リーブスが製作を務める本作は、マーティン・スコセッシジェームズ・キャメロンデビッド・フィンチャーらハリウッド映画のけん引者をはじめ、撮影監督、編集技師ら映画製作者たちへのインタビューを敢行し、デジタル映画製作の未来を探っていく。

「正直やっとこういう時代が来たんだな、とあまり驚きはないですね」という犬童監督。大ヒットを収めた「のぼうの城」は、デジタル撮影されたが「撮影はおととしでしたが、当時はフィルム上映もするだろうからとプリントも作ったんです。ところがいざ公開してみたら都内でフィルム上映したのは1カ所だけでした」と、この数年の上映環境の変化を生々しく感じさせるエピソードを明かす。

デジタルの良さを感じながらも、同作の見どころの一つである水攻めのシーンはミニチュアを使った特撮にこだわった。「あとで編集できる、直せる、ということがデジタルの利点にもなるんだけど、やっぱり現場で成功を祈りながら集中して必死に作るということが映画の醍醐味じゃないかな。ワンシーンを撮るのに時間をかけて細かく作りこんでいく姿勢、ある意味でなにかの“儀式”に入るような姿勢で製作をした結果が迫力のある映像を生むんじゃないかな」とこれまでの経験を踏まえた持論を語る。

映像や音響にこだわりを持っているという本広監督は、デジタルを極めるためにハリウッドまで機材の展示会を見に行ったり、スターウォーズの聖地と言われるスカイウォーカーランチを訪ね音響の研究した経験を持つほど。本作を鑑賞し「繰り返し見て、描かれていること、監督たちが語られていることを吸収したくなる映画」と感慨深げに感想を述べる。そして、本広監督にとって「その場の雰囲気でふっと生まれたものを拾いやすいのはデジタル」であり、「いい演技を中継できるのがよいところだ思う」と独特の表現でデジタルの強みを語った。

サイド・バイ・サイド フィルムからデジタルシネマへ」渋谷・アップリンクファクトリーほか全国順次公開中。

マトリックス 特別版[DVD] マトリックス 特別版[DVD] 最安価格: ¥927 驚異のVFX(視覚効果)による、かつてない映像表現が話題となった近未来アクション大作。出演:キアヌ・リーブス
ヒューゴの不思議な発明[DVD] ヒューゴの不思議な発明[DVD] 最安価格: ¥2,579 1930年代のフランス・パリ。父を火事で失ったヒューゴは、駅の時計台に隠れ住みネジを巻いて過ごしていた。彼の唯一の友達は、父が遺した壊れた“機械人形”。その秘密を探るうちに、二人の人物に出会う。やがてヒューゴは、機械人形にそれぞれの人生と運命を変えるメッセージが隠されていることを知る─。出演:マーティン・スコセッシ

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi