“青エク”主演の岡本信彦、走って叫んで「記憶が飛んだ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年12月28日 > “青エク”主演の岡本信彦、走って叫んで「記憶が飛んだ」
メニュー

“青エク”主演の岡本信彦、走って叫んで「記憶が飛んだ」

2012年12月28日 14:38

「青の祓魔師(エクソシスト) 劇場版」 が全国183スクリーンで公開「青の祓魔師(エクソシスト) 劇場版」

「青の祓魔師(エクソシスト) 劇場版」
が全国183スクリーンで公開
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気アニメを初めて映画化した「青の祓魔師(エクソシスト) 劇場版」が12月28日、全国183スクリーンで封切られ、東京・池袋シネマサンシャインで初日舞台挨拶が行われた。主人公・奥村燐役の岡本信彦をはじめ、劇場版のオリジナルキャラクターを演じる釘宮理恵木内秀信ら人気声優が勢ぞろい。岡本は「走ったり叫んだりするシーンが多くて、無我夢中だった。後半は疲れすぎて記憶が飛んだ」とこん身のアフレコを振り返った。

「ジャンプスクエア」連載の人気漫画をアニメ化し、2011年4月から10月にかけて放送された「青の祓魔師(エクソシスト)」の劇場版。自身がサタンの息子だと知った少年・奥村燐が、さまざまな困難を乗り越えてエクソシストとして悪魔に立ち向かう姿を描き、劇場版では幽霊列車(ファントムトレイン)の暴走事故に端を発する新たなバトルが繰り広げられる。

物語の鍵を握る少年の悪魔・うさ麻呂を演じた釘宮は「キャラクターが丁寧に描かれた作品で、私も自然とうさ麻呂として参加することができた。とても後味がいい作品」。木内はエリート一族出身のエクソシスト・リュウを演じ「いい作品に恵まれているなと思う。2回マジ泣きしました」とシリーズ初参戦の感想を語っていた。

舞台挨拶にはメガホンをとる高橋敦史監督、原作者の加藤和恵氏も登壇し「今日から公開ということで、まだ消化できない部分もある」(高橋監督)。加藤氏は本作の美術監督を務める木村真二氏(「スチームボーイ」「鉄コン筋クリート」)の大ファンだといい、「作品を立ち上げたときも、木村さんの作品を参考資料にしたほど。不思議な縁を感じます」と感慨しきりだった。

青の祓魔師 1(完全生産限定版)[DVD] 青の祓魔師 1(完全生産限定版)[DVD] 最安価格: ¥4,385 「ジャンプスクエア」にて連載の加藤和恵の本格退魔ファンタジーをアニメ化!血の運命に抗うべく双子の兄弟は、祓魔師として魔神と戦う決意をする!第1話と第2話を収録。声の出演:岡本信彦
RIDEBACK SET 1[DVD] RIDEBACK SET 1[DVD] 最安価格: ¥3,010 『RIDEBACK』を、高品質な作品を手掛けるアニメスタジオ「マッドハウス」によってTVアニメ化。新秩序体制に支配されつつある近未来の日本。ケガによってバレエの道を諦め、心機一転の大学生活を始めようとしていた尾形琳。そんな彼女が、人を模した乗用脚式自動二輪車輌“ライドバック”と出逢い…。第1話から第6話までを収録。監督:高橋敦史

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi