本当の農家がメガホンをとった“地産地生”映画「ひかりのおと」公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年12月27日 > 本当の農家がメガホンをとった“地産地生”映画「ひかりのおと」公開
メニュー

本当の農家がメガホンをとった“地産地生”映画「ひかりのおと」公開

2012年12月27日 08:00

「ひかりのおと」の一場面「ひかりのおと」

「ひかりのおと」の一場面
(C)陽光プロジェクト
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 岡山県真庭市でトマト農家を営む映画作家・山崎樹一郎が、酪農家青年の葛藤と未来へのささやかな希望を「土地からの視点」で描いた長編初監督作品「ひかりのおと」が、2013年2月に公開される。

代々酪農を営む狩谷家の長男・雄介は音楽を志し東京で暮らしていたが、父の怪我をきっかけに家業を手伝うため故郷に戻る。土地独特の人間模様、将来の見えぬ不安、見つめ直される家族のあり方などを通し、若き酪農家の新しい出発とその家族の絆を描きながら、その土地と人の営みを見つめる“地産地生”映画。岡山という土地にこだわりを持って企画され、主演の藤久善友は20歳から農協に勤務し、稲の苗を育てたり牛の輸送をする仕事を続けている。共演陣も岡山出身者が中心だ。

第24回東京国際映画祭日本映画・ある視点部門、第41回ロッテルダム国際映画祭 Bright Future部門などの映画祭で絶賛され、その後5カ月にわたり岡山県内全域の公民館、ライブハウス、旅館、学校、カフェ、古民家、田んぼなど、全51会場100スクリーンでのキャラバン巡回上映を経て、このほど劇場公開が決定した。

ひかりのおと」は、2013年2月中旬からオーディトリウム渋谷で公開。

トーキョードリフター コレクターズ・エディション -2DVD-[DVD] トーキョードリフター コレクターズ・エディション -2DVD-[DVD] 最安価格: ¥508 2011年5月、東日本大震災後、灯りが消えた東京を舞台に、ミュージシャン前野健太が歌い、叫び、さすらう姿を記録したドキュメンタリー映画。第24回東京国際映画祭「ある視点部門」受賞作品。
酔いがさめたら、うちに帰ろう。[DVD] 酔いがさめたら、うちに帰ろう。[DVD] 最安価格: ¥2,462 人気漫画家・西原理恵子の元夫・鴨志田穣の小説を浅野忠信、永作博美主演で映画化したドラマ。第23回東京国際映画祭「ある視点部門」受賞作品。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi