映画業界初!「ドラゴンゲート」3Dアスキーアート映像公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年12月26日 > 映画業界初!「ドラゴンゲート」3Dアスキーアート映像公開
メニュー

映画業界初!「ドラゴンゲート」3Dアスキーアート映像公開

2012年12月26日 18:10

実際のジェット・リー(上)とアスキーアートのリー(下)「ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝」

実際のジェット・リー(上)とアスキーアートのリー(下)
(C)2011 Bona Entertainment Company Limited,
All Rights Reserved
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ワイヤーアクションとCGを駆使し、けれん味たっぷりの壮絶アクションが展開する3Dアドベンチャー「ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝」(ツイ・ハーク監督、ジェット・リー主演)が、日本の映画業界初となる“3Dアスキーアート”によるプロモーション映像を公開した。

“アスキーアート”とは、記号や数字などの文字を組み合わせて作られた絵のこと。今回のプロモーションでは、1コマ1コマ作成されたアスキーアートをアニメーション化、さらにステレオグラム(目の焦点をずらし凝視することで立体視が可能な画像)の視覚効果を行い、裸眼のままで3D映像を楽しめる体験型ムービーを実現した。

特設サイト(http://dragongate-movie.jp/special/)で公開されている同ムービーでは、荒野にたたずむ(文字で表現された)ジェット・リーが目を見開き、渦巻く縄を背景にクルクルと剣を振り回し、鎖を片手に剣を動かすシーンを見ることができる。縄は「縄」という漢字、鎖は「鎖」という漢字で表現されているのも面白い。「驚天動地3D」「超絶ワイヤーアクションにハリウッド降参」のコピーが続いたあとには、ハリウッドの映画スタッフが白旗を上げるコミカルな描写が入るという凝りようだ。

ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝」は、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ」シリーズのツイ・ハーク監督&ジェット・リーが、14年ぶりに黄金タッグを再結成したアクション・アドベンチャー。今回のプロモーション映像は、奇想天外で大胆なアクションが3Dで飛び出し、はみ出してくるという同作の魅力を、うまく伝えるものとなっている。2013年1月11日から全国公開。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ/天地黎明 デジタル・リマスター版[DVD] ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ/天地黎明 デジタル・リマスター版[DVD] 最安価格: ¥771 19世紀半ばから20世紀にかけて中国に実在したカンフー・マスター黄飛鴻(ウォン・フェイホン)を主人公にした、ツイ・ハーク監督によるカンフーアクションシリーズ。出演:ジェット・リー
白蛇伝説[DVD] 白蛇伝説[DVD] 最安価格: ¥3,868 中国の古典的な伝説『白蛇伝』をベースとしたエンターテイメント・アクション巨編!出演:ジェット・リー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi