新海誠監督が初めて描く“恋” 2年ぶり新作「言の葉の庭」来年公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年12月24日 > 新海誠監督が初めて描く“恋” 2年ぶり新作「言の葉の庭」来年公開
メニュー

新海誠監督が初めて描く“恋” 2年ぶり新作「言の葉の庭」来年公開

2012年12月24日 00:00

新海誠監督最新作「言の葉の庭」「恋」

新海誠監督最新作「言の葉の庭」
(C)Makoto Shinkai/CoMix Wave Films
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アニメ界の気鋭・新海誠監督の約2年ぶりとなる最新作「言の葉の庭」が、2013年に公開されることがわかった。“新緑の季節”である初夏を予定している。

新海監督は、SF短編アニメ「ほしのこえ」(02)で監督デビューを果たし、若い男女の微妙な距離感を3話構成で浮き彫りにした「秒速5センチメートル」(07)で高い評価を得た。オリジナル長編アニメ「星を追う子ども」(11)は、不思議な音楽をきっかけに冒険へと飛び立つ少女を描き、国外での支持も獲得している。

言の葉の庭」は、新海監督が初めて取り組んだ「恋の物語」だ。新海監督はこれまで、思春期の感情を繊細に描写してきたが、過去作では描かなかった感情を込めたいと説明。文学より古くから存在していた話し言葉に思いをめぐらせ、企画をふくらませていった。「万葉の時代、日本人は大陸から持ち込んだ漢字を、自分たちの言葉である大和言葉の発音に次々にあてはめていった」と分析し、「『』は『波流』などと書いたし、『菫(すみれ)』は『須美礼』と書いたりした。現在の『』や『菫』という文字に固定される前の、生き生きとした絵画性とも言えるような情景がその表記には宿っている」と独特の着眼点で語っている。

今作の題材となる「」は、「孤悲」と表現されていたことから「遠い我々の祖先が、恋という現象に何を見ていたかがよくわかる。『恋愛』は、近代になってから西洋から輸入された概念であるというのは有名な話だ。かつて日本には恋愛はなく、ただ恋があるだけだった」と持論を展開した。

2年ぶりにメガホンをとった今作は、「愛に至る以前の、孤独に誰かを希求するしかない感情の物語」として構築。「誰かとの愛もきずなも約束もなく、そのはるか手前で立ちすくんでいる個人を描きたい」と思いを込めた。詳細は明かされていないが、「『孤悲』を抱えている(いた)人を力づける」作品づくりが行われており、あわせて公開されたティザービジュアルは、一組の男女が“新緑”に染められ、あふれんばかりの瑞々しさが描かれている。

また、12月29~31日に東京・有明の東京ビッグサイトで開催される、コミックマーケットのコミックス・ウェーブ・フィルムブースで、過去作品の絵コンテ集やオリジナルグッズが数量限定で販売される。購入特典として、今作の限定ポストカードがプレゼントされる予定だ。

言の葉の庭」は、13年に全国で公開。

秒速5センチメートル 通常版[DVD] 秒速5センチメートル 通常版[DVD] 最安価格: ¥2,988 「ほしのこえ」「雲のむこう、約束の場所」の新海誠監督が、卒業と同時に離れ離れになった少年少女の淡い恋を描いた青春ラブストーリー!
「雲のむこう、約束の場所」DVD サービスプライス版[DVD] 「雲のむこう、約束の場所」DVD サービスプライス版[DVD] 最安価格: ¥1,854 原因不明の覚醒障害を発病した少女を救おうと奮闘する2人の少年の姿を描く長編アニメーション。監督、原作、脚本:新海誠

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi