大ヒット作の3D映画化、アメリカでは観客動員減少傾向 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年12月23日 > 大ヒット作の3D映画化、アメリカでは観客動員減少傾向
メニュー

大ヒット作の3D映画化、アメリカでは観客動員減少傾向

2012年12月23日 08:00

3Dにはもう飽きた??「ライオン・キング」

3Dにはもう飽きた??
Photo:windsordi(Flickr)
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 旧作を3Dとして再上映しても、アメリカでは以前ほどヒットしなくなっていると、ロサンゼルス・タイムズ紙が報じた。

ウォルト・ディズニーは昨年、1994年の「ライオン・キング」を3D化した「ライオン・キング ディズニー デジタル3D」を全米公開し、興行収入1億ドル近いヒットを記録。しかしその後、3Dとして再上映された作品はいずれも凡庸な成績に終わっている。

3D化された「美女と野獣」と「ファインディング・ニモ」の全米興収は、それぞれ4760万ドルと4070万ドルで、「スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス 3D」が4350万ドル、「タイタニック(3D版)」が5790万ドルだ。

調査会社Ipsos MediaCTの専門家は、「ライオン・キング」の劇場公開から長い年月が経過していることを指摘。「自分の両親が20年前に『ライオン・キング』に連れて行ってくれたように、いまや親となった観客が自分の子どもを映画館につれていったのではないか」

さらに、「『ファントム・メナス3D』や『ファインディング・ニモ』は子どもと一緒に見ているため、高いチケット代金を払って3D上映を見ようという人が少ないのではないか」と分析しており、12月19日に全米公開される「モンスターズ・インク 3D」の興行成績に注目が集まる。

ライオン・キング ダイヤモンド・コレクション[Blu-ray/ブルーレイ] ライオン・キング ダイヤモンド・コレクション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - ディズニー32作目の長編アニメをBD化。ジャングルの王子として生まれたライオン・シンバが、さまざまな冒険を通し命の大切さや愛、責任に気付き成長していく姿を描く。
ファインディング・ニモ ブルーレイ+DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] ファインディング・ニモ ブルーレイ+DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,104 度胸があることを証明しようと外に出てしまったため、人間にさらわれてしまった息子ニモ。彼を救い出すために父が仲間と共に旅をする様を描いた感動作!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi