高岡早紀、問題作「モンスター」主演で2時間特殊メイク バケモノから壮絶美女に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年12月22日 > 高岡早紀、問題作「モンスター」主演で2時間特殊メイク バケモノから壮絶美女に
メニュー

高岡早紀、問題作「モンスター」主演で2時間特殊メイク バケモノから壮絶美女に

2012年12月22日 10:00

2時間の特殊メイクを施した高岡早紀「モンスター」 2時間の特殊メイクを施した高岡早紀
(C)2013「モンスター」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の高岡早紀が、人気作家・百田尚樹氏の問題作を映画化する「モンスター」(大九明子監督)に主演することがわかった。幼少期から周囲にバケモノ呼ばわりされた和子が整形手術に目覚め、完ぺきな美ぼうを手に入れるまでを描く衝撃作で、高岡が新境地を開拓する。

永遠の0」「海賊とよばれた男」など良作を連発する百田氏の著書のなかで、最も衝撃的な内容の同名小説が原作。瀬戸内海に面した町で古いペンションを改築してできたレストランの美人オーナー・鈴原未帆は、かつて田淵和子という名だった。ある事件を起こして町を追われ、移り住んだ東京で整形手術に目覚める。風俗嬢として働き資金を捻出し、理想の全身を手に入れる。そのとき、かつて自分を虐げた町に住むひとりの男に対する狂おしいまでの情念が再燃。和子は名を変え故郷へ舞い戻る。

主人公・和子の高校時代から30代までを演じきった高岡は、「醜い容姿のため家族にも愛されることのなかった彼女の人生は、私の想像を超えるほど壮絶なものであり、そんな女性の生きざまを演じることは初めての経験でした」と述懐。整形前のシーンに臨む際は、特殊メイクに2時間を要したそうで「ひとりの女性というよりは、全く別人の女性たちを演じた気分で、とても変化に富んでいました」とコメントを寄せた。

原作者の百田氏は、ロケ現場見学時に「和子を演じていた高岡早紀さんに挨拶されたとき、思わず2、3歩後ずさりしてしまいました。メイクと知ってはいても、直視できないほどのブスだったからです。そのとき初めて、和子がどれほど悲しい人生を歩んできたのか、痛いほどわかりました。すごい映画になると思います」と完成が待ちきれない様子だ。

また、加藤雅也大杉漣村上淳らが共演。

モンスター」は、2013年6月に公開。

悲しき天使 Those Were The Days[DVD] 悲しき天使 Those Were The Days[DVD] 最安価格: ¥3,032 『走れ!イチロー』『T.R.Y トライ』の大森一樹監督が、3人の30代女性の生き様を鮮烈に描き出したミステリー・ドラマ。出演:高岡早紀
恋するマドリ 通常版[DVD] 恋するマドリ 通常版[DVD] 最安価格: ¥2,896 都会の中で暮らす男女3人が引越しをきっかけに偶然出逢い、心を通わせていく物語を描いた、爽やかで切ないラブストーリー。監督、脚本:大九明子

フォトギャラリー

レビュー利用規約に同意の上、コメント投稿する

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • アンダー・ザ・スキン 種の捕食の評論 アンダー・ザ・スキン 種の捕食 生々しい現実感と詩的な美しさに満ちた、エイリアンの地球発見の旅路
  • FRANK フランクの評論 FRANK フランク かぶり物をしたバンドマンたちの絡まる世界のすべてを、歌の誕生が祝福する
  • 悪童日記の評論 悪童日記 双子の美少年を通して戦争のむごさを描く人気小説の、正しい映画化
映画評論の一覧を見る
採用情報