辛酸なめ子、見世物小屋は「けん怠期のカップルにおすすめ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年12月22日 > 辛酸なめ子、見世物小屋は「けん怠期のカップルにおすすめ」
メニュー

辛酸なめ子、見世物小屋は「けん怠期のカップルにおすすめ」

2012年12月22日 21:45

奥谷洋一郎監督と辛酸なめ子「ニッポンの、みせものやさん」

奥谷洋一郎監督と辛酸なめ子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] コラムニストの辛酸なめ子が12月22日、公開中の見世物小屋一座の生活と歴史を追ったドキュメンタリー「ニッポンの、みせものやさん」のトークイベントに出席。奥谷洋一郎監督とともに、見世物小屋の未来について語り合った。

江戸後期には全国で300軒あったとされる見世物小屋だが、現在興行しているのは新宿花園神社の酉の市などで知られる「大寅興行社」のみとされる。全国を旅しながら、失われつつある見世物小屋一座の暮らしや人情を描く。

辛酸は、「見世物小屋と監督の育ちの良さのギャップが楽しい。ニューヨークや東京で何度か見世物小屋を見たことがあるけれど、なぜか脳から記憶が消去されていた。この映画で確認できて良かった」と感想を述べた。また、「怖い団体が出てくるのかと思ったらアットホームな感じの人たち。戦後に比べてちゃんと芸を見せているので良心的なのかな。昔、かまいたちがいるという見世物小屋に入ったら、鎌と板に血のりがついてるだけで、だまされたような経験がある」と明かし、笑いを誘っていた。

お化け屋敷のアルバイトをきっかけに見世物小屋の取材を始めた奥谷監督は、「本人たちは伝統を受け継ぐとかいう気はなく、むしろ記録に残されたくないと思う。先ほどのイタチの話などは落語の小話の前ふりなどで生きている話で、みんなが頭の中でふくらませていって広まっていった。そもそもは頭の中で完結するような世界だなと思う」と持論を展開。そして、「ドキュメンタリーという記録の体裁をとりつつ、写真などではなく何でもまずは自分の目で見ようという思いがある」とポリシーを語った。

辛酸は、「若い女性がヘビを食いちぎるのは見ていてショッキングだったけど、けん怠期とかのカップルにはおすすめのデートスポット。神社のようなパワースポットの中であんなに刺激的なものを見られる場所は少ない」と珍アピール。また、マヤ文明の終末論を交え「昨日地球が滅亡するかと思ったけどしなかったので、見世物小屋は今後日本にも残っていってほしい文化だと思う」と語った。

片桐はいり4倍速[DVD] 片桐はいり4倍速[DVD] 最安価格: ¥4,385 芸能界屈指の個性派女優・片桐はいりの新しい魅力に迫るべく、各界のトップクリエーターが集結し、自由な発想で彼女を“調理”した撮りおろしオムニバスショートドラマ。監督、脚本:辛酸なめ子

関連DVD・ブルーレイ情報

片桐はいり4倍速[DVD] 片桐はいり4倍速[DVD]最安値: ¥4,385
Powered by 価格.com

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi