杉野希妃、震災を経て露呈した問題と正面から向き合った最新作 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年12月21日 > 杉野希妃、震災を経て露呈した問題と正面から向き合った最新作
メニュー

杉野希妃、震災を経て露呈した問題と正面から向き合った最新作

2012年12月21日 13:57

「おだやかな日常」で主演、製作を手がけた杉野希妃「おだやかな日常」 「おだやかな日常」で主演、製作を手がけた杉野希妃
写真/本城典子
[拡大画像]

[映画.com ニュース]第17回釜山国際映画祭でワールドプレミアされ、喝采を浴びた内田伸輝監督作「おだやかな日常」。2011年3月11日に発生した東日本大震災後の東京に焦点を当て、現実を生き抜くためさまざまな選択を迫られる女性を描いた。主演した杉野希妃は、女優としてスクリーンを飾っただけではなく、プロデューサーとしても作品づくりに大きな役割を担った。杉野は、どのような思いで今作と向き合ったのだろうか。

突如、日本を襲った東日本大震災によって、福島原子力発電所は未曽有(みぞう)の被害を受けた。政府が直ちに「放射能の影響はない」と発表する一方で、インターネットではさまざまな情報が錯綜。福島から離れた東京で暮らす主婦サエコとユカコは、震災以前の生活に戻っていく人々とは対照的に、放射能被害の不安にかられていく。


「おだやかな日常」の一場面「おだやかな日常」 「おだやかな日常」の一場面
(C)odayaka film partners
[拡大画像]

杉野は、11年に開催された第41ロッテルダム国際映画祭で内田監督と出会った。大震災発生後の6月、内田監督から今作の企画を持ちかけられ、東京をとらえた監督の視点に魅力を感じた。「震災後、福島や仙台でドキュメンタリーを撮る方が増えました。映画監督が『記録したい』という気持ちになるのは理解できるけれど、私は『原発事故が起こった福島から微妙な距離にある東京で、人がどのような行動をとるのか』という監督の視点にすごく共感できたんです。東京は危ないのか危なくないのかわからない瀬戸際にあって、多種多様な人間が混在するなかでどういう選択をしていくのかを迫られる場所だと思うんです。福島ではなく、私と監督が今生きているここで撮らなければ、次に進めないような気持ちになっていました」とスタート地点を振り返る。

今作は震災後の東京を題材にしているが、原発の存在の是非を問う作品というよりも、大人のいじめや家庭の不和など、震災を機に浮き彫りになった日常に潜む問題を扱った人間ドラマだ。深刻な事態に直面することで、人々のなかに内在する問題が露呈し、多くの選択を迫られる。杉野は「さまざまな選択をする人がいるなかで、自分は他者の選択を受け入れることができるのか」ということを訴えかける。「震災後、西に行く人を批判する人もいれば、留まる人になぜ危機感を持たないんだと言う人もいました。でも、事情があるなかで選択を迫られているのであって、他者がその選択にどうこう言えるものではないと思うんです。人は防衛本能から、自分とは違う選択や価値観を持つ人を批判しがちですが、多様な価値観を認めるべきなのではないかという思いが、震災後に自分のなかで大きく膨らんでいって、どうしても取り上げたかった」と熱く語る。

おだやかな日常」は、12月22日から全国で公開。

マジック&ロス[DVD] マジック&ロス[DVD] 最安価格: ¥2,462 杉野希妃×ヤン・イクチュン×キム・コッピ主演で贈る新世代アジアン・ムービー。香港のリゾート地・ムイウォの東に位置する深い森。その先には岩肌を流れる白糸が神秘的な美しさを称える滝があった。妖しくむせ返るような樹々と滝音に導かれるように2人の女性が出会う。日本人のキキと韓国人のコッピ、2人の滞在するホテルにベルボーイはただ一人。世の中から孤立した場所で、キキとコッピは徐々に時間の感覚をなくし―。
中学生日記[DVD] 中学生日記[DVD] 最安価格: ¥1,663 元・中学生だったすべての男女に贈る、甘酸っぱくてちょっと臭い(?)青春賛歌。「おだやかな日常」の篠原友希子出演作品。

フォトギャラリー

レビュー利用規約に同意の上、コメント投稿する

関連DVD・ブルーレイ情報

おだやかな日常[DVD] おだやかな日常[DVD]最安値: ¥3,292 クリアネス[DVD] クリアネス[DVD]最安値: ¥3,012 歓待[DVD] 歓待[DVD]最安値: ¥3,065
マジック&ロス[DVD] マジック&ロス[DVD]最安値: ¥3,283 TOKYO PROM QUEEN/東京プロムクィーン[DVD] TOKYO PROM QUEEN/東京プロムクィーン[DVD]最安値: ¥3,283 おだやかな日常[DVD] おだやかな日常[DVD]最安値: ¥3,292
Powered by 価格.com

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • わたしは生きていけるの評論 わたしは生きていける 思春期の少女が抱える不安を、戦争というモチーフに置き換えて語るサバイバルドラマ
  • 郊遊 ピクニックの評論 郊遊 ピクニック 観客に媚びず、忍耐を強いることで真実を伝える監督の最終作
  • 物語る私たちの評論 物語る私たち サラ・ポーリーとその家族が、自分たちの秘密を大胆なおおらかさで語る秀作
映画評論の一覧を見る
採用情報