“座長”玉木宏「心に届く作品に」初舞台に武者震い : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年12月21日 > “座長”玉木宏「心に届く作品に」初舞台に武者震い
メニュー

“座長”玉木宏「心に届く作品に」初舞台に武者震い

2012年12月21日 16:00

戦場カメラマンを演じる玉木宏

戦場カメラマンを演じる玉木宏
[拡大画像]

[映画.com ニュース]俳優の玉木宏が12月21日、初の舞台出演作となる「ホテル マジェスティック ~戦場カメラマン澤田教一 その人生と愛~」の製作発表会見を都内で行った。ベトナム戦争の現場で「安全への逃避」と題した写真を撮影し、ピューリッツァー賞を受賞した実在の戦場カメラマン・澤田教一さん役で“座長”を務めることになり、「20代なかばから舞台をやりたいという気持ちがあったので、いよいよかという思い。つまずくこともあると思うが、豪華なキャストの皆さんと一緒に、心に届く見応えある作品にしたい」と抱負を胸に、武者震いしていた。

会見には玉木をはじめ、主人公の妻・サタを演じる酒井美紀徳山秀典秋山真太郎(劇団EXILE)、紫吹淳、別所哲也、脚本の樫田正剛、演出を手がける星田良子が出席。舞台はベトナム戦争時、世界中から駆けつけたジャーナリストの取材拠点だった「ホテルマジェスティック」を舞台に、戦場カメラマンの澤田、UPIサイゴン支局員(別所)、女性戦場カメラマン(紫吹)、米軍の傭兵として働く日本人青年(徳山)、商社マン(秋山)らが織りなす人間模様を描くオリジナルストーリーになっている。

夫や仲間たちを現地で支える妻を演じる酒井は「サタさんの弾ける明るさ、心の強さと覚悟に心が震えた」。劇中、玉木との会話は澤田夫妻の故郷の津軽弁だといい、「これから玉木さんと一緒に練習していきたい」と意気込みを見せた。別所は舞台となる1965年生まれで「あの時代に日本人が、ベトナム戦争とどう向き合ったのか……。上司役だけに重心を低く、時に軽やかに演じたい」と語った。

「舞台の上で精いっぱい生きることができれば」(徳山)、「戦争の悲惨さや悲しさを伝えられれば」(秋山)、「男勝りな役どころなので、宝塚時代の男役が出ないように(笑)、舞台ですてきな時を刻めれば」(紫吹)と共演陣も気合十分で、“座長”を支える構えだ。演出の星田氏は「なぜ今、澤田なのか? その疑問に答えられる舞台を目指す」と抱負を語った。

舞台「ホテル マジェスティック ~戦場カメラマン澤田教一 その人生と愛~」は2013年3月7日~17日、東京・新国立劇場中劇場で上演(大阪・名古屋公演あり)。

のだめカンタービレ DVD-BOX[DVD] のだめカンタービレ DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥18,203 落ちこぼれ音大生“のだめ”こと野田恵と、指揮者志望のエリート音大生・千秋真一、そして2人が通う桃ヶ丘音楽大学の奇人変人たちが奏でる美しい音楽と爆笑エピソード。出演:玉木宏
愛する[DVD] 愛する[DVD] 最安価格: - 世界の名匠・熊井哲監督作品!「海と毒薬」「深い河」に続く遠藤周作原作の3部作の最終作「私が・棄てた・女」を映画化!誤診によって狂わされた少女の哀しくも美しいラブストーリー。出演:酒井美紀

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi