井筒監督、“還暦仲間”L・ニーソンの「96時間」を「いいシリーズ」と評価 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年12月20日 > 井筒監督、“還暦仲間”L・ニーソンの「96時間」を「いいシリーズ」と評価
メニュー

井筒監督、“還暦仲間”L・ニーソンの「96時間」を「いいシリーズ」と評価

2012年12月20日 21:45

井筒和幸監督(右)とライムスタ宇多丸「96時間」

井筒和幸監督(右)とライムスタ宇多丸
[拡大画像]

[映画.com ニュース]井筒和幸監督とラッパーのライムスタ宇多丸が12月20日、都内のホールで行われた米映画「96時間」シリーズの“イッキ観(み)”試写会でトークショーに参加した。

毒舌トークで鳴らす井筒監督は、登場するなり「僕の映画じゃないからなあ」とぼやき節。それでも自身の最新作「黄金を抱いて翔べ」を観客の半数近くが見ていることを知ると、「まあ、人の映画のことを言うのは面白いからね」と機嫌を直した。

リーアム・ニーソンが洗練されたアクションを見せる同シリーズに対し、宇多丸は「リーアム・ニーソンの皮をかぶったスティーブン・セガール映画」と分析。井筒監督も、「僕は、中にチャック・ノリスが入ってんのかいうくらいの感じ」と足並みをそろえた。

だが、シリーズ2作とも上映時間が90分代で見やすいという話題に及ぶと、「『007 スカイフォール』は長かったよなあ。途中でハアーってなったもん」と別作品に矛先を向けた井筒監督。さらに、来年1月11日公開のシリーズ第2作「96時間 リベンジ」に、屋根の上での追跡シーンがあることを明かしつつ、「他でも誰か(ダニエル・クレイグ)がやってたよなあ。こっちの方がちゃんとやっている。あっちは手を抜いていた」と厳しい見方を示した。

舌鋒はとどまらず、「敵も、『スカイフォール』よりちゃんとしている」、「エロさがないから、『スカイフォール』はダメなんだよ」と言いたい放題。これには宇多丸が「俺の前で007の悪口はやめろ。けっこう好きなんだから」と“ちょい切れ”し、ようやく矛を収めた。

同じ還暦のニーソンに対しては、「いいシリーズを見つけたよね」と評価。だがここでも、「“星戦争”に行ってから、あかんやろと思って、この人の先行きを心配していたんですよ。帰ってきたと思ったら『特攻野郎Aチーム』やったしなあ」と毒舌を交えることは忘れなかった。

ただ、「役者は過去と決別することが大事。肩に背負っているものを全部置いて、自分のキャラをつかめたらはまる」と監督の視点での分析も披露。そして、「こういう荒唐無稽な話を大上段からやる潔さがアメリカ映画にはある」と称えていた。

「96時間」+「特攻野郎Aチーム THE MOVIE<無敵バージ...[Blu-ray/ブルーレイ] 「96時間」+「特攻野郎Aチーム THE MOVIE<無敵バージ...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 1枚の価格で2作品楽しめる初回生産限定のブルーレイ・ツインパック!「96時間」「特攻野郎Aチーム THE MOVIE<無敵バージョン>」の2作品収録。出演:リーアム・ニーソン
パッチギ! 特別価格版[DVD] パッチギ! 特別価格版[DVD] 最安価格: ¥1,715 京都にある府立東高校2年生の松山康介は、常日頃から争い事の絶えない朝鮮高校(朝高)にサッカーの練習試合を申し込むことになった。康介と友達の紀男はしぶしぶ朝高を訪れるが、そこで康介は音楽室でフルートを奏でていた少女・キョンジャに一目惚れする。監督:井筒和幸

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi