「人のセックスを笑うな」井口奈己監督、次回作は「必ずやります」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年12月19日 > 「人のセックスを笑うな」井口奈己監督、次回作は「必ずやります」
メニュー

「人のセックスを笑うな」井口奈己監督、次回作は「必ずやります」

2012年12月19日 15:00

「人のセックスを笑うな」撮影を振り返った井口奈己監督「人のセックスを笑うな」

「人のセックスを笑うな」撮影を振り返った井口奈己監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「犬猫」「人のセックスを笑うな」の井口奈己監督が12月18日、日本大学芸術学部映画学科理論・評論コース3年生が企画から作品選定、上映交渉、宣伝、運営までを一括して行う「新・女性映画祭 “こんなふうに私も生きたい”」のトークイベントに出席した。

同映画祭は、世界初の女性映画監督アリス・ギイの作品20本を一挙上映するほか、日活ロマンポルノ「四畳半襖の裏張り」のニュープリント、7月に死去した山田五十鈴さんが19歳で芸妓を演じた「祇園の姉妹」など、主に女性をフィーチャーした作品群を特集する。

井口監督は、第41回文藝賞に輝いた山崎ナオコーラの小説を、永作博美松山ケンイチ主演で映画化した「人のセックスを笑うな」の上映後に登場し、「見ていて色々なことを思い出した」と感慨深げ。美術学校に通う19歳の青年みるめ(松山)と20歳年上の女講師ユリ(永作)という年の差カップルのせつない恋愛模様を描き、永作の小悪魔的な魅力に注目が集まったが「シチュエーションは脚本に書いてあるので、現場では動きしか指示していない。内面については一切指示しないし説明もしない。(役者は)困ってましたね」と独特の演出法を語った。

当初、永作の演じた役は「40代でもうちょっと美女じゃない人をイメージしていた」といい、松山については「(『デスノート』の)Lになる前で知らなかった(笑)。当時はまだ脇役ばかりで、30~40代の女性がワーワー言っていたのでいいかなと」とキャスティングの経緯を説明。さらに、「蒼井優ちゃんは松山君との共演を喜んでいたけど、松山さんがすぐに永作さんと仲良くなっちゃって、ちょっとおかしかった(笑)」と劇中さながらの微妙な関係性を明かし、笑いを誘っていた。

寡作な井口監督だが、次回作は「ずっと準備している。やるんですけど、まだ言えない。来年? 必ずやります」と意欲を燃やしていた。

「新・女性映画祭 “こんなふうに私も生きたい”」は、東京・オーディトリウム渋谷で12月21日まで開催される。

人のセックスを笑うな[DVD] 人のセックスを笑うな[DVD] 最安価格: ¥3,926 山崎ナオコーラのベストセラー小説を映画化した、せつなさ溢れる青春恋愛映画!19歳の美術校生・みるめは、20才年上の講師ユリに絵のモデルを頼まれる。そこで恋に落ちたみるめだったが、実はユリは結婚しており…。監督:井口奈己、出演:永作博美、松山ケンイチ、蒼井優
祇園の姉妹[DVD] 祇園の姉妹[DVD] 最安価格: ¥4,071 社会にも男にも批判的で勝気な態度の芸者おもちゃ。社会にも男にも従順な姉の梅吉にも批判的なまなざしで見つめる…。男の愚かさ、人間の愚かさ、人間模様を描いた人間喜劇。巨匠・溝口健二作品「祇園の姉妹」が遂にDVD化!出演:山田五十鈴

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi