大友克洋監督の短編「火要鎮」、文化庁メディア芸術祭アニメ部門大賞に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年12月18日 > 大友克洋監督の短編「火要鎮」、文化庁メディア芸術祭アニメ部門大賞に
メニュー

大友克洋監督の短編「火要鎮」、文化庁メディア芸術祭アニメ部門大賞に

2012年12月18日 20:30

アニメーション部門大賞を受賞した「火要鎮」「スチームボーイ」

アニメーション部門大賞を受賞した「火要鎮」
(C)SHORT PEACE COMMITTEE
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アート、エンタテインメント、アニメーション、マンガの4部門で優れた作品を選出する第16回文化庁メディア芸術祭の受賞作品が12月13日に発表され、アニメーション部門の大賞に大友克洋監督が手がけた短編「火要鎮(ひのようじん)」が選ばれた。

文化庁メディア芸術祭は、アートやエンタテインメントの創造と発展を図ることを目的に、1997年の第1回から毎年開催。各部門の優れた作品を顕彰し、受賞作品の鑑賞機会を提供するメディア芸術の総合フェスティバルとして広く知られる。本年度は過去最多となる海外71の国と地域からの1502作品を含む、合計3503作品の応募があった。

アニメーション部門では、大友監督がアニメーションの監督作としては「スチームボーイ」(2003)以来9年ぶりに手がけた「火要鎮」が大賞を受賞。優秀賞には細田守監督の「おおかみこどもの雨と雪」、さとうけいいち監督の「アシュラ」、杉井ギサブロー監督の「グスコーブドリの伝記」の劇場長編3作品と、和田淳監督の短編「グレートラビット」の計4作品が選出された。

「火要鎮」は、18世紀中頃の江戸の町を舞台に、商家の娘と火消しの男の恋を描いた短編作品。伝統的な日本画の画風を映像表現のモチーフに、江戸の風俗や道具、生活を再現する描写にこだわり、作画のアニメーション表現と3DCGによる表現を融合させて描いた。近年の同部門大賞受賞作は、テレビアニメの「魔法少女まどか☆マギカ」(11)、「四畳半神話大系」(10)、劇場長編アニメの「サマーウォーズ」(09)などで、短編作品の受賞は、米アカデミー賞にも輝いた加藤久仁生監督の「つみきのいえ」(08)以来となる。

大友監督は、今回の受賞に際し「やりたい企画もなかなか通らず、いろいろと厳しいことの多い昨今でしたが、前向きに先を目指しています。若い人たちの作品も含め、革新的なオリジナルのアニメーション作品が世に出せる業界の環境がもっと整ってくれるとよいと思っています」とコメントを発表している。

同作を含めた全部門の受賞作品は、来年2月13~24日、東京・国立新美術館で開催される「第16回文化庁メディア芸術祭受賞作品展」で展示・上映される。

スチームボーイ 通常版[DVD] スチームボーイ 通常版[DVD] 最安価格: ¥2,873 大友克洋監督が手掛けた劇場用アニメ。19世紀のイギリスを舞台に、空前絶後のエネルギーを持つ驚異の発明“スチームボール”を祖父から託された発明好きな少年の冒険を描く。
pieces of love Vol.1 つみきのいえ[DVD] pieces of love Vol.1 つみきのいえ[DVD] 最安価格: ¥1,707 ROBOT×若手クリエイターが仕掛ける、泣けて、切なくて、優しいショートストーリー「pieces of love」シリーズ!世界最高峰のアニメフェスティバルでグランプリを受賞!海外でも高く評価される加藤久仁生監督で贈るハートウォーミングアニメーション。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi