【国内映画ランキング】「ONE PIECE」が「ヱヴァ:Q」を超える猛ダッシュ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年12月18日 > 【国内映画ランキング】「ONE PIECE」が「ヱヴァ:Q」を超える猛ダッシュ
メニュー

【国内映画ランキング】「ONE PIECE」が「ヱヴァ:Q」を超える猛ダッシュ

2012年12月18日 19:30

今世紀最高のオープニング記録「ONE PIECE FILM Z」「ONE PIECE FILM Z」

今世紀最高のオープニング記録「ONE PIECE FILM Z」
(C)尾田栄一郎/2012「ワンピース」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース]12月15~16日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。衆院選は戦後最低の投票率だったようだが、映画興行は「ONE PIECE FILM Z」が今世紀最高のオープニング記録で興行ランキング首位に君臨した。

オープニング2日間の成績は、動員114万0081人、興収13億7205万円。これは、先月「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」が樹立した今年度のオープニング記録(動員77万1764人、興収11億3100万4600円)を上回り、21世紀に入ってからの日本映画の最高記録とのこと。

前作「ONE PIECE FILM STRONG WORLD」(興収48億円)と比較しても、132%の出足(興収で比較)となっており、最終的に60億円以上の興収が期待される。前作の時もそうだったが、劇場で先着来場者に配布される特典が強力なインセンティブになっている。

2位には「映画 妖怪人間ベム」。オープニング2日間は、動員17万5438人、興収2億0632万5850円。これは、今年1月の「ロボジー」とほぼ同等なので、最終的に興収10億円以上15億円未満というところだろう。

大注目の「ホビット 思いがけない冒険」は5位デビュー。週末2日間の成績は、動員14万6315人、興収2億2051万7100円。つまり、興収では本作が2位。Twitterなどソーシャルメディアでの評判がすこぶる良く、安定した興行が期待できそうだ。

新作はもう1本、8位にティム・バートンの「フランケンウィニー」が食い込んだ。こちらは土日2日間で、動員8万0953人、興収1億1181万8000円という成績。

ワンピースフィルム ストロングワールド 【DVD】[DVD] ワンピースフィルム ストロングワールド 【DVD】[DVD] 最安価格: ¥3,026 人気アニメ「ワンピース」シリーズの劇場版第10作。ルフィたちの上空に謎の海賊船が出現。乗っていた伝説の海賊“金獅子のシキ”にナミは連れ去られ、地上に振り落とされたルフィたちは、見たこともない凶暴な生物が生息する空飛ぶ島々にたどり着く。
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(EVANGELION:1.11)[Blu-ray/ブルーレイ] ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(EVANGELION:1.11)[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,635 大ヒットを記録した『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』が、新作カットを含むデジタルマスター版で待望のBlu-ray Disc化!全4部作の序章的な位置づけにあたる本作では、14歳の少年・シンジが汎用ヒト型決戦兵器・人造人間エヴァンリオンに乗り、正体不明の敵性存在「使徒」と戦い始める契機と、自分の暮らしや友人、街などの身近なものを認識する過程を描く。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi