新・午前十時の映画祭、デジタル映像で4月から開催 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年12月17日 > 新・午前十時の映画祭、デジタル映像で4月から開催
メニュー

新・午前十時の映画祭、デジタル映像で4月から開催

2012年12月17日 10:00

「冒険者たち」「ゴッドファーザー」

「冒険者たち」
(C)Societe Nouvelle de Cinematographie(SNC)-Paris 1967.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2010年から3年間にわたり、往年の名作をオリジナル・ニュープリントで上映してきた「午前十時の映画祭」が、デジタル映像で上映する「新・午前十時の映画祭 デジタルで甦る永遠の名作」として、13年4月6日から開催されることが決定した。

「午前十時の映画祭」は、映画の黄金期といわれる50~70年代を中心に世界各国から名作プリントを集め、1年間にわたり毎日午前10時に全国で上映する企画。映画ファンの心をつかみ、これまでに累計観客動員数は約172万人を突破している。

しかし、上映環境のデジタル化に伴い、フィルム上映による「午前十時の映画祭」続行は難しいと判断され、第三回をもって終了すると一旦は発表された。それでも、ハード、ソフト両面にわたるデジタル環境の進化は目覚しく、高品位デジタル・システムによるDCP上映(ブルーレイをはるかに超えるハイクオリティなデジタル上映)に対応する作品をラインナップすることが可能になった。

デジタル・リマスターにより、さらに美しくよみがえった名作を初公開当時と変わらぬ状態で見てもらうことの意義、日本中のファンからの期待に応えるため、「新・午前十時の映画祭」は新規セレクト作14本、過去3回からの人気作11本の全25作品が全国42劇場で上映される。また、これまでは1作品1週間の上映だったが、今回は2週間に延長される。

新規上映作品は、「慕情」「リオ・ブラボー」「サイコ」「メリー・ポピンズ」「冒険者たち」「燃えよドラゴン」「ジャッカルの日」「タワーリング・インフェルノ」「カッコーの巣の上で」「ロッキー」「炎のランナー」「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」「プリティ・ウーマン」「フォレスト・ガンプ 一期一会」の14作品。また、過去に人気のあった「風と共に去りぬ」「カサブランカ」「ローマの休日」「ベン・ハー」「ウエスト・サイド物語」「アラビアのロレンス」「大脱走」「2001年宇宙の旅」「ゴッドファーザー」「ゴッドファーザーPARTII」「ニュー・シネマ・パラダイス」が再上映される。

「新・午前十時の映画祭 デジタルで甦る永遠の名作」(http://asa10.eiga.com/)は、13年4月6日~14年3月21日に開催。入場料金は大人1000円、学生500円。

燃えよドラゴン[Blu-ray/ブルーレイ] 燃えよドラゴン[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,190 ブルース・リーの代表作となった、傑作カンフー・アクション映画。
炎のランナー[DVD] 炎のランナー[DVD] 最安価格: ¥766 1942年のパリオリンピックで実際に起きた出来事をもとにした、感動のスポーツドラマ。アカデミー賞4部門を受賞した名作。出演はベン・クロス、イアン・チャールソンほか。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi