行定勲監督、最新作「つやのよる」は韓国の鬼才ホン・サンスを参考 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年12月16日 > 行定勲監督、最新作「つやのよる」は韓国の鬼才ホン・サンスを参考
メニュー

行定勲監督、最新作「つやのよる」は韓国の鬼才ホン・サンスを参考

2012年12月16日 21:30

トークショーに出席した行定勲監督「GO(2001)」

トークショーに出席した行定勲監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「GO(2001)」「世界の中心で、愛をさけぶ」の行定勲監督が12月16日、東京・シネマート新宿で開催中の特集上映「ホン・サンス 恋愛についての4つの考察」でトークショーを行った。

“韓国のゴダール”“ロメールの子弟”と評され、ヨーロッパで絶大な人気を集めるホン・サンス監督の代表作「よく知りもしないくせに」「ハハハ」「教授とわたし、そして映画」「次の朝は他人」の4本を、一挙上映する特集企画。

ホン・サンス監督の大ファンを公言する行定監督は、「初めて見たのは『豚が井戸に落ちた日』。その後見たモノクロの『秘花 スジョンの愛』もめちゃくちゃ良くて、何で日本に来ないんだろうなとずっと思っていた。日本がホン・サンスの映画を全国300館でやれる国になったら素晴らしいけど、どんどん広まっていくことが悲しくもある」と思い入れもひとしお。そして、「芸術性も高いし考え抜かれているけど、作風がどんどんゆるくなっている。ほとんどの主人公が映画が撮れない映画監督で身につまされるし、登場人物がすぐわかる嘘をつくところがものすごく良い!」とうなっていた。

さらに、「ホン・サンスの映画を見ると考え方が変わる。配給会社から依頼されたことに応えるのがバカバカしくなる事件があって、そんな時に見ると癒された(笑)。登場人物は嘘をつくけど、発想の“そのもの”を撮っているすごく正直な映画。世界を救うような映画ではないけど僕は救済される」と尊敬の念。また、「彼は観客の憶測を嫌がるので、そういったものを掘り起こすシネフィルに対して牽制しているとしか思えない表現をする。面白ければいいじゃんという、まさに理想の形」とも。一方で、「不可解なのはズーム。木村大作が見たら怒ると思う(笑)。だけどそのインチキなところにひかれるし、不可解であるというのは映画においてやっぱり重要なこと」と深く共鳴していた。

行定監督は、直木賞作家・井上荒野氏の小説を映画化した最新作「つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語」の公開が控えており、「シナリオを読んだ助監督たちが深刻にとらえすぎているので、そうではない男と女のバカバカしさを伝えようと、ホン・サンスのDVDを貸したらみんなハマっていた。だから『つやのよる』を見て、『ホン・サンスに影響されてるんだろ』って言ってくれていい」と胸を張った。

ホン・サンス 恋愛についての4つの考察」は、東京・シネマート新宿で12月21日まで上映される。

気まぐれな唇[DVD] 気まぐれな唇[DVD] 最安価格: - 3人の男女が織り成す大人の恋物語。韓国の奇才ホン・サンス監督が“男の本性と女の本音”を赤裸々に描き出している。
世界の中心で、愛をさけぶ スタンダード・エディション[DVD] 世界の中心で、愛をさけぶ スタンダード・エディション[DVD] 最安価格: ¥1,080 女性を中心に社会現象を起こした片山恭一原作の究極の純愛ストーリーがついに登場。監督:行定勲

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi