芦田愛菜ちゃん、ハリウッドデビュー!超大作「パシフィック・リム」に出演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年12月14日 > 芦田愛菜ちゃん、ハリウッドデビュー!超大作「パシフィック・リム」に出演
メニュー

芦田愛菜ちゃん、ハリウッドデビュー!超大作「パシフィック・リム」に出演

2012年12月14日 06:00

ハリウッドデビューを果たす芦田愛菜ちゃん「パシフィック・リム」

ハリウッドデビューを果たす芦田愛菜ちゃん
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気子役の芦田愛菜ちゃんが、ギレルモ・デル・トロ監督の最新作「パシフィック・リム」でハリウッドデビューを果たしていることがわかった。菊地凛子扮する人型巨大兵器のパイロットの幼少時代を演じる。4月に約2週間、カナダ・トロントで行われた撮影に参加した愛菜ちゃんは「えいごがわからないので、すこしふあんなきもちにもなったんですけど、かんとくさんにお会いしたとき『トトロってよんでね』とやさしくわらいかけてくれて、とてもうれしかったです」と振り返った。

走り回るシーンを30回以上もテイクを重ねた愛菜ちゃんは、嗚咽(おえつ)が出るほど全力で役と向き合い、演技に没頭。また、主要キャストのひとりに名を連ねる菊地がオフの日に現場を訪れ、愛菜ちゃんにエールを送るひと幕もあったそうだ。ハリウッドデビューとは思えないほど堂々とした演技に、デル・トロ監督をはじめキャスト、スタッフは絶賛。帰国時には一気に大人びて、“お姉さん”に成長した姿に事務所スタッフも驚きを隠せなかったという。

大役を果たした愛菜ちゃんが、いま最も熱中していることは英語の勉強。デル・トロ監督との思い出に触れ、「かんとくはみぶりや手ぶりで、わたしにえんぎをおしえてくださいました。みえないものをみえるようにおしばいしながらにげたり、ないたりすることがとてもむずかしかったんですが、いっしょうけんめい役をえんじました。ぜひみなさんみてください」とコメントを寄せた。


(C)2012 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES FUNDING, LCC「パシフィック・リム」

(C)2012 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.
AND LEGENDARY PICTURES FUNDING, LCC
[拡大画像]

チャーリー・ハンナム、イドリス・エルバ、菊地らが出演する今作は、太平洋の深海から突如出現し、次々と大都市を破壊する巨大怪獣と、巨大ロボットを操縦する人間たちの壮絶な戦いを描く総製作費約2億ドルのSF超大作。また、「ヘルボーイ」「パンズ・ラビリンス」で知られるデル・トロ監督は、自他ともに認める“ハリウッドNo.1の日本オタク”。世界で最も影響を受けたクリエイターは宮崎駿だと公言しており、2008年に来日した際は、スーツケース11個分も日本の玩具を買って帰ったという。そんな親日家監督が、愛菜ちゃんをどのように演出したのかも含め、今後も今作から目が離せない。

パシフィック・リム」は、2013年夏に全国で公開。

ヘルボーイ ゴールデン・アーミー[DVD] ヘルボーイ ゴールデン・アーミー[DVD] 最安価格: - 超常現象捜査局“BPRD”の凄腕エージェントとして、秘密裏に怪事件の捜査と魔物退治にあたっていたヘルボーイが、文明を言い訳に地球を破壊する人類に宣戦布告する魔界の王子ヌアダから、地球の未来を守るために立ち上がるのだが…。監督・脚本:ギレルモ・デル・トロ
ビューティフルレイン DVD-BOX[DVD] ビューティフルレイン DVD-BOX[DVD] 最安価格: - 妻と死別して以来、木下恵介は幼い娘と工場の離れでふたり暮らし。仲間に囲まれ、娘と楽しく暮らしてきたが、ある日突然“若年性アルツハイマー”と診断されてしまう。娘をずっと守りながら育ててきた父、父親と一緒なら大丈夫と信じてきた娘。強い絆で結ばれた親子の純粋な愛を描いたドラマ。出演:芦田愛菜

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi