ウィリアム王子も出席!「ホビット」“ロイヤルプレミア”開催 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年12月13日 > ウィリアム王子も出席!「ホビット」“ロイヤルプレミア”開催
メニュー

ウィリアム王子も出席!「ホビット」“ロイヤルプレミア”開催

2012年12月13日 18:30

ウィリアム王子(左)と対面したサー・ピーター・ジャクソン(右)「ロード・オブ・ザ・リング」

ウィリアム王子(左)と対面したサー・ピーター・ジャクソン(右)
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アカデミー賞最多タイ受賞を果たした「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」から9年、同じファンタジー世界を舞台に60年前の冒険を描く新3部作の第1部「ホビット 思いがけない冒険」のイギリスプレミアが12月12日(現地時間)、ロンドンで開催された英国王室主催のチャリティーイベント「ロイヤル・フィルム・パフォーマンス」で実施。「サー」の称号を持つピーター・ジャクソン監督とイアン・マッケランをはじめ、ケイト・ブランシェットマーティン・フリーマンらスタッフ&キャスト陣が、「ロード・オブ・ザ・リング」のファンであるウィリアム王子との対面を果たした。

ホビット族が暮らす劇中の村をイメージさせる緑のカーペットが敷かれたレスター・スクウェアに、約4000人のファンが詰めかけた。気温1℃という冷え込みのなか、カーペットウォークに登場したキャスト陣は、まず丁寧にファンサービス。世界各国から集まったマスコミ陣の質問に答え、ホビットの住まいを模した舞台上で挨拶した。その後、カーペット上の安全が確認されると、警備のオートバイに先導された車でウィリアム王子が入場。車を降りたあと、王子はゆっくりと劇場まで歩き、待機していたスタッフ、キャスト陣ひとりひとりと言葉を交わした。

王子との対面直前には、「ここに来てくれたファンの間に入っていただけないのは残念だけれど、王子はファンだと聞いている。後でお会いする時に、彼がどれだけ熱心なファンなのかわかるはず。楽しみだよ」と語っていたジャクソン監督。マッケランも「王子は『ロード・オブ・ザ・リング』のファンで、だからこそ本作を見たいと言われたと聞いている。我々にとって映画づくりが楽しかったのと同じくらい、彼にもこの映画を楽しんでもらえればと思う」と語っており、王子の感想も気になるところだ。

「ホビット」3部作は、ホビット族の青年ビルボ(マーティン・フリーマン)が、魔法使いのガンダルフ(イアン・マッケラン)、13人のドワーフ族とともに、ドラゴンに奪われた王国を取り戻そうとする姿を描く3Dアドベンチャー超大作。「とても面白くて、元気がいい、愉快な作品。ドワーフたちとホビットの間の仲間意識が感じられ、ピーターが持つユーモアのセンスが反映されているのは確かだわ。その他、恐怖、風景の美しさなども盛り込まれていて、映像もとても美しい」(ブランシェット)、「スリル、アクション、笑い、恐怖、そして素晴しいバトルシーンだね」(フリーマン)と、プレミアに出席したキャスト陣も見どころについて語っている。

ホビット 思いがけない冒険」は、12月14日から全国公開。

ロード・オブ・ザ・リング エクステンデッド・エディション トリロ...[Blu-ray/ブルーレイ] ロード・オブ・ザ・リング エクステンデッド・エディション トリロ...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - J.R.Rトールキン原作によるファンタジー小説の金字塔「指輪物語」をピーター・ジャクソン監督が壮大なスケールで映画化した作品がBD化!出演:イアン・マッケランほか。
SHERLOCK/シャーロック[DVD] SHERLOCK/シャーロック[DVD] 最安価格: ¥8,003 もしもあの名探偵が現代に生きていたら!?ロンドンを疾走する、21世紀のシャーロック・ホームズを描く新感覚ミステリー!出演:マーティン・フリーマン

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi