有吉弘行、今年の漢字は“保” 年収5億円報道に戸惑いも : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年12月12日 > 有吉弘行、今年の漢字は“保” 年収5億円報道に戸惑いも
メニュー

有吉弘行、今年の漢字は“保” 年収5億円報道に戸惑いも

2012年12月12日 13:30

アフレコに挑戦した有吉弘行「テッド」

アフレコに挑戦した有吉弘行
[拡大画像]

[映画.com ニュース] タレントの有吉弘行が12月12日、米コメディ映画「テッド」の日本語吹き替え版で、タイトルロールの中年テディベアを演じることになり、都内のスタジオでアフレコを行った。初の声優挑戦だが「普通の声優さんがやればいいのに」と早速バッサリ。「これがハリウッドデビュー? 都内ですべてが完結してしまう気恥ずかしさがある」とうつむいた。多忙を極めた2012年を漢字一文字で表すと「保身の“保”ですね。今年も何とか逃げ切った」と安どの表情を浮かべる一方、「年収5億円なんていう報道もあって戸惑った」と困惑する場面もあった。

映画は大人になれない中年男(マーク・ウォールバーグ)と、魂が宿ったテディベア“テッド”の20数年来の交流を軸に、すっかり下品なオヤジに成長したテッドの大暴れを描く。全米ではR指定ながらも、興行収入2億ドルを超える大ヒットを記録した。熊のかぶり物をし「こんな屈辱、なかなかない」とマイクに向かった有吉は、過激なセリフを連発し「テレビだったら、絶対カットされる。テッドは見た目がかわいいけれど、大人の方に楽しんでほしい」と映画をアピールした。

それでも、不慣れなアフレコには悪戦苦闘したといい「スタッフさんが細かすぎて、しかも長時間やらされたから終始イライラして、ブチきれそうだった。なるべくニコニコしていたが、お互い眉間にしわを寄せていた」と舞台裏を暴露。来年の目標は「これまで通り、目標は立てずに行き当たりばったりで。スキャンダルだけには気をつけたい」といい、声優業については「ファンからの苦情もあるし、願望は特にない」と消極的だった。

テッド」は、2013年1月18日から全国で公開される。

ザ・シューター/極大射程 スペシャル・コレクターズ・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] ザ・シューター/極大射程 スペシャル・コレクターズ・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - ワイオミングの山中で静かな生活を送っているスワガーは、一線を退いた元海兵隊員だった。ある日、退役したジョンソン大佐と部下たちが訪ねてきて大統領暗殺計画を阻止してほしいとの依頼を受ける。マーク・ウォールバーグ主演の強力コラボで贈る、元米海兵隊員の凄腕スナイパーが国家的陰謀に立ち向かっていく姿を描いたサスペンス・アクション映画。
IPPONグランプリ01[DVD] IPPONグランプリ01[DVD] 最安価格: ¥2,527 “お台場笑おう会”という団体が大喜利が大好きな芸人を招待し、大喜利No.1を決めるパーーティ。大会チェアマンは松本人志。果たして誰がチャンピオンの座を勝ち取るのか!?2009年12月27日放送の開幕戦、未放送部分を含む完全版。出演:有吉弘行

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi