ジェームズ・キャメロンが「ライフ・オブ・パイ」を語る特別映像を入手 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年12月12日 > ジェームズ・キャメロンが「ライフ・オブ・パイ」を語る特別映像を入手
メニュー

ジェームズ・キャメロンが「ライフ・オブ・パイ」を語る特別映像を入手

2012年12月12日 11:00

幻想的な光を放ちながらシロガナスクジラが舞う!「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」

幻想的な光を放ちながらシロガナスクジラが舞う!
(C)2012 Twentieth Century Fox
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アカデミー賞に輝く名匠アン・リー監督が初の3Dに挑んだ「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」から、機材を提供したジェームズ・キャメロンが、リー監督の作り出した圧倒的な映像美に驚嘆の声を送る特別映像が公開された。

「大海原に投げ出された少年が、227日間にわたってどう猛なトラと漂流する」という奇想天外なヤン・マーテルの原作小説を、最先端のデジタル・テクノロジーを駆使し、幻想的な3D映像で描き出す同作について、キャメロンは「アン・リーのような監督が作り出す冒険を映画館で味わえるのは、最高の喜びだと思う。冒頭から不思議な光景で物語に一気に引き込まれ、その旅は驚きと恐怖にあふれ、そして実に美しいんだ。これ以上の作品はない」と絶賛する。

特別映像では、そうした美しく神秘的なシーンの数々や撮影の舞台裏も盛り込まれ、「ぜひ自分の目で確かめてほしい。リー監督は3D映画の概念を崩した。これこそ3D映画のあるべき姿だ」というキャメロンの評価を裏付けていくほか、リー監督自身のインタビューも交える。

リー監督は「『アバター』が作られるよりもずっと前に、3Dで撮影することを考えていた。3Dを使えば、撮影にもうひとつの次元をもたらし、距離に関する知覚を変えることができるかもしれない」と3D映像の可能性に期待していたことを明かしており、「次から次へと信じられない話が続くことが素晴しいと思った」という「パイの物語」の映画化に際しては、「3Dを使えば心に訴えかける作品がつくれると思った」と、3Dでの制作が不可欠であったことを説明している。

ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」は、2013年1月25日から全国公開。

ハルク[DVD] ハルク[DVD] 最安価格: ¥927 人気アメリカンコミックを、VFXを駆使し映像化。致死量のガンマ線を浴びてしまったことから、突然変異で“怒り”の感情と共に巨大な力を持つモンスターへと変貌してしまう科学者の苦悩を描いた作品。監督:アン・リー
アバター 3Dブルーレイ&DVDセット<2枚組>[Blu-ray/ブルーレイ] アバター 3Dブルーレイ&DVDセット<2枚組>[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,532 世界各国で大ヒットを記録した、ジェームズ・キャメロン監督が贈るSFアクション大作!22世紀、人類は地球から遠く離れたパンドラで<アバター計画>に着手していた。先住民ナヴィと人間のDNAを組み合わせた肉体<アバター>を使い、莫大な利益をもたらす鉱物を採掘しようというのだった。この計画に参加した元兵士ジェイクだったが、ナヴィの族長の娘ネイティリと恋に落ち…。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi