山田洋次監督、震災乗り越え新作披露「特別な感慨ある」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年12月12日 > 山田洋次監督、震災乗り越え新作披露「特別な感慨ある」
メニュー

山田洋次監督、震災乗り越え新作披露「特別な感慨ある」

2012年12月12日 21:06

思いのたけを語った山田洋次監督「東京家族」

思いのたけを語った山田洋次監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 山田洋次監督が12月12日、都内で行われた最新作「東京家族」の完成披露試写会に出席した。昨年の東日本大震災を受けて、製作を延期した本作のお披露目に「ようやく完成し、この日を迎えたことは、僕にとって特別な感慨があります」と感無量の面持ち。この日は主演の橋爪功をはじめ、吉行和子西村雅彦夏川結衣中嶋朋子、林家正蔵、妻夫木聡蒼井優ら“家族”が勢ぞろいし「ここにいる8人全員が主役。本当にすてきな家族が、美しいアンサンブルを奏でてくれた」とキャスト陣に感謝を表した。

大震災後の2012年5月の東京を舞台に、瀬戸内海の小島で暮らす老夫婦(橋爪と吉行)が、成長した子どもたちに会うために上京する姿を通して、家族のきずなと喪失、夫婦と子ども、老いと死という普遍的な問いを投げかける。橋爪と吉行は3度目の夫婦役で「撮影が終わると、吉行さんと一緒に家に帰りそうになった」(橋爪)、「いい意味で何の緊張感もなく共演できた。でも私のこと“古女房”だと思っているのか、ちっとも話しかけてくれなかった」(吉行)と息ぴったりの共演を振り返った。

また、山田監督と初タッグの妻夫木は「出演が決まったときは、うれしいと同時に緊張して演技できないんじゃないかと思った。でも現場での丁寧な演出を通して、監督の愛情を感じ、とても楽しい時間を過ごした」と述懐。蒼井は「おとうと」(2010)以来2度目の山田組で「まるで実家に帰ってくる感覚」と思いを語った。

先日には山田監督が、文化の発展に多大な功績を残した人に贈られる文化勲章を受章し「かなりびっくり。映画界を代表して章をいただく気持ちだが、今、日本映画界は大変厳しい状況。私たちが一丸になって頑張るのはもちろん、国にもサポートをしてもらいたい」と提言。また、同日は本作にインスパイアを与えた「東京物語」(1953)を手がけた小津安二郎監督の110回目の誕生日で「我々は先祖の仕事を受け継ぎ、伝承しながら、仕事をしている。今は感謝したい気持ちでいっぱい」と先人へ思いを馳せていた。

東京家族」は、13年1月19日から全国で公開。

おとうと[DVD] おとうと[DVD] 最安価格: ¥3,201 東京の郊外で、夫の亡き後小さな薬局を営み堅実に生きてきた姉と、大阪で何かと問題を起こしてきた弟の再会と別れを、笑いと涙を織り交ぜながら描いた、山田洋次監督が贈る感動作。出演:蒼井優
東京物語[DVD] 東京物語[DVD] 最安価格: - 日本映画界の巨匠・小津安二郎監督が贈る、戦後の変わってしまった家族の関係を描く傑作ドラマ作品。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi