【全米映画ランキング】「007 スカイフォール」が再び首位に。ジェラルド・バトラーの新作は6位デビュー : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年12月12日 > 【全米映画ランキング】「007 スカイフォール」が再び首位に。ジェラルド・バトラーの新作は6位デビュー
メニュー

【全米映画ランキング】「007 スカイフォール」が再び首位に。ジェラルド・バトラーの新作は6位デビュー

2012年12月12日 19:00

首位に返り咲いた「007 スカイフォール」「007 スカイフォール」

首位に返り咲いた「007 スカイフォール」
skyfall (C) 2012 Danjaq, LLC, United Artists Corporation,
Columbia Pictures Industries, Inc. All rights reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 新作が不発に終わった先週末の全米ボックスオフィスは、サンクスギビング(感謝祭)向けの作品が上位に居座る結果となり、約1カ月前公開の「007 スカイフォール」が約1100万ドルと控えめな成績ながら公開5週目での首位奪還を果たした。

同作の現在までの累計興収は約2億6100万ドル。これは50年続くシリーズでの最高記録で、本年5位。北米を含む全世界興収もシリーズ最高の約9億1800万ドルとなり、ソニー・ピクチャーズ配給作品では「スパイダーマン3」(07年/約8億9000万ドル)を抜き、過去最高の全世界興収を記録した。作品の評判は上々なので、年末年始の興行で10億ドルに到達する可能性もある。

2位は「不思議の国のガーディアンズ(仮題)」で、累計興収は約6180万ドル。4位のアカデミー賞候補「リンカーン」は累計1億ドルが目前となっている。

そして、約600万ドルのオープニング興収で6位デビューとなってしまったのがジェラルド・バトラー主演の「プレイング・フォー・キープス(原題)」。元有名サッカー選手(バトラー)の第2の人生を描いたラブコメディだったが、レビューも興行も振るわなかった。共演はジェシカ・ビール、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、ユマ・サーマンデニス・クエイド。監督は「7つの贈り物」「幸せのちから」のガブリエレ・ムッチーノ

今週末は、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズを手がけたピーター・ジャクソン監督による新たなる3部作の第1章「ホビット 思いがけない冒険」が公開となる。

007/ダニエル・クレイグ・ブルーレイ・コレクション(2枚組)〔...[Blu-ray/ブルーレイ] 007/ダニエル・クレイグ・ブルーレイ・コレクション(2枚組)〔...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 6代目ジェームズ・ボンド、ダニエル・クレイグ主演作をセットにしたお得な2枚組ブルーレイ!「カジノ・ロワイヤル」「007/慰めの報酬」の2作品を収録。配給:ソニー・ピクチャーズ
ヒックとドラゴン スペシャル・エディション[DVD] ヒックとドラゴン スペシャル・エディション[DVD] 最安価格: - 「リロ&スティッチ」の監督が贈る、親子の絆、友情、未来を切り開く勇気を描いたファンタジー・アドベンチャー。声の出演:ジェラルド・バトラー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi