田中圭、初共演・市川実日子はイメージよりも「大人の女性」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年12月12日 > 田中圭、初共演・市川実日子はイメージよりも「大人の女性」
メニュー

田中圭、初共演・市川実日子はイメージよりも「大人の女性」

2012年12月12日 14:00

イベントに登場した市川実日子と田中圭「レンタネコ」

イベントに登場した市川実日子と田中圭
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「かもめ食堂」「めがね」などで知られる荻上直子監督最新作「レンタネコ」のブルーレイ&DVDと、BS日テレで放送されたスピンオフ番組「ハナシネコ」のDVDリリースを記念し12月11日、主演の市川実日子と共演の田中圭が東京・タワーレコード渋谷店でトークイベントを行った。

心寂しい人たちにリヤカーでネコを貸し出して回る「レンタネコ」業を営む不思議な女性サヨコ(市川)と、ネコを通じて出会うさまざまな人々が繰り広げる物語を描く。

レンタネコ屋という前代未聞の役柄に挑んだ市川だが、「荻上監督なのでレンタネコ屋も不思議な感じじゃなくなるんだろうなと思っていた」とけろり。田中も、「非日常のストーリーが日常として受け止められたので、荻上監督らしい世界観になるんだろうなと思っていた。現場には2~3日しかいなかったけど、そこに流れている空気感が好きで身を委ねていればお芝居ができた」と自然体で役に臨んでいた。

荻上監督はサヨコ役に市川をあて書きしたそうで、市川は「監督からは『市川さんの変な部分を残したい』と言われた。私ももう大人の年齢なので、大人になりきれない一歩手前の人を残せるのは最後かと思った。ネコを飼ったことはないけれど、サヨコは招きネコを含めて17匹の猫たちとずっと暮らしている人だから、慣れない感じでもいけないしベタベタしても違うし、とにかく自然にいようと心がけていた」と述懐。田中は初共演となった市川の印象を、「僕の勝手なイメージよりはすごくしっかりしていて大人の女性だなと。お話してみるとすごく気をつかってくれて周りを見ている人だった」と語った。

10月中旬に市川と荻上監督が参加したアメリカのミルバレー映画祭の模様を収めた特別映像も上映され、市川は「映画って言葉とか国とか関係なく見られるものなんだなと改めて感じられてすごく良かった。観客の反応も良く、すごく笑ってくれた」と手応えを感じていた。荻上監督の大学院時代の友人で、エンディングテーマ「東京ドドンパ娘」を歌うオペラ歌手・平井ひらりも駆けつけ、同曲を熱唱し会場を盛り上げた。

レンタネコ[DVD] レンタネコ[DVD] 最安価格: ¥4,010 心寂しい人に猫を貸す、レンタネコ屋という一風変わった商売をしているサヨコ。彼女の家族には沢山の猫がおり、猫以外はいない。そんな彼女と出会う人々が繰り広げる、ハートウォーミング・ストーリー。監督・脚本:荻上直子、出演:市川実日子、田中圭
かもめ食堂[DVD] かもめ食堂[DVD] 最安価格: ¥4,044 フィンランドのヘルシンキにサチエが開いた“かもめ食堂”を舞台に3人の日本人女性とフィンランドの人々とのゆるやかで温かい流れを描いた作品。監督・脚本:荻上直子

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi