連続ドラマ初主演の黒沢かずこ「私そんなにブスだったんだ!?」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年12月10日 > 連続ドラマ初主演の黒沢かずこ「私そんなにブスだったんだ!?」
メニュー

連続ドラマ初主演の黒沢かずこ「私そんなにブスだったんだ!?」

2012年12月10日 17:48

黒沢かずこがNHKドラマで初主演「クロサワ映画」

黒沢かずこがNHKドラマで初主演
[拡大画像]

[映画.com ニュース] NHK新ドラマ「嘆きの美女」の第1話完成披露試写会が12月10日、東京・渋谷の同局で行われ、主演の黒沢かずこ森三中)、共演の矢田亜希子横山めぐみ中村静香が会見した。

原作は柚木麻子氏の同名小説。容姿にコンプレックスを抱えた引きこもりの池田耶居子(黒沢)が、ひょんなことから美人のみが集うWEBサイト「嘆きの美女」の管理人・浜島ユリエ(矢田)の豪邸で、美女たちと共同生活を行うはめになるドタバタを描いたコメディ。

沖縄国際映画祭グランプリ「クロサワ映画」(10)でヒロインを演じ、本作で連続ドラマ初主演に挑んだ黒沢は、「最初ドッキリかもしれないと思った。吉本新喜劇でしか舞台をやったことがなかったのでお芝居の経験もないし、俳優さんって怖いと思っていたけど、皆さん本当に優しく温かく見守っていただきラッキーだった」とニッコリ。しかし、「第1話のタイトルが『ブスVS美女』って聞いて、『え、私そんなにブスだったんだ!?』とビックリ。NHKさんでもそんなストレートに言うんだと…」と肩を落とした。そんな黒沢を見かねた矢田は、「演出さんが『黒沢さんがチャーミングだからブスじゃないといけないのにかわいくなっちゃう』って言ってたよ」とフォローし、ドラマさながらの掛け合いで笑わせた。

自他ともに認める美人モデル役を演じた矢田は、「黒沢さんが同級生と知り、それだけでうれしくなったし、現場でも仲良くさせていただき楽しく撮影できた。だけどこんなにブスブス言っているドラマは衝撃的。何も考えずにクスクス気楽に笑えるコメディ」とアピール。美人料理研究家役の横山は、「美女側の役をいただけてうれしくて、43歳にもなるのに水着になってしまった。色んな意味で、ド迫力でビックリ!」と美しいプロポーションを披露。看護師役の中村は、役柄を「天真爛漫な女の子で、耶居子の良い感じの妹分。これからみんなの個性がどんどん出てきてコメディ色が強くなるし、女性の汚い部分とそれを乗り越えていく女性の強い部分を男性にも見てほしい」と語った。

さらに黒沢は、女友だちとの友情を維持するコツを「男で変わらないこと。彼氏ができても彼氏のところばかり行かず、友だちも定期的に大事にする。浮かれないことは大事!」と自身の苦い経験談を交えながら女性たちに警告。すると横山が、「大恋愛の最中の友だちがいたら待ってあげることも大事」とたしなめ、恐縮した黒沢は「さすが人生の先輩」と深々とうなずいていた。

「嘆きの美女」は、NHKBSプレミアムで2013年1月12日午後11時15分から放送(全8回)。

クロサワ映画[DVD] クロサワ映画[DVD] 最安価格: ¥3,201 笑いにできない恋もある―。女芸人という特殊な職業ゆえに浮き彫りになる悲哀、喜び、挫折。女芸人・黒沢かずこの初恋を描くハートフル・ラブコメディ。森三中のメンバー、黒沢かずこは一人だけ女の幸せをつかんでいない。ある日、パーティ会場で黒沢のファンだというイケメン俳優・渋江譲二が声を掛けてくる。降ってわいたような出会いに舞い上がる黒沢。徐々に二人の仲は接近し、恋に落ちたかに見えたが…。
やまとなでしこ DVD-BOX[DVD] やまとなでしこ DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥18,221 金持ちの男性を探し続けるスチュワーデスと、女性に興味をなくしている魚屋の男性が繰り広げるラブコメディ。出演:矢田亜希子

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi