渡米から11年、帰国した女優の榊原るみ“還暦”芸能界復帰 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年12月8日 > 渡米から11年、帰国した女優の榊原るみ“還暦”芸能界復帰
メニュー

渡米から11年、帰国した女優の榊原るみ“還暦”芸能界復帰

2012年12月8日 21:32

すずきじゅんいち監督と榊原るみ「二つの祖国で 日系陸軍情報部」

すずきじゅんいち監督と榊原るみ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 映画監督のすずきじゅんいちと、妻で女優の榊原るみが12月8日、東京・新宿K’s cinemaで行われたドキュメンタリー映画「二つの祖国で 日系陸軍情報部」の初日舞台挨拶に登壇した。

本作は太平洋戦争時、日米両国で差別された日系2世たちの歴史をひも解くドキュメンタリーで、「(11年前に)ロスに移住し、自分が日系人のたどった歴史をあまりに知らないと気づき、何か作品として後世に残していかなければと思った」(すずき監督)。榊原は公私にわたり、すずき監督の作品製作を支え続け「お金がないなかで、完成できて良かった。皆さんのおかげです」と感謝しきり。また夫婦で11年間過ごしたアメリカから、生活の拠点を日本に移し、榊原が日本での芸能活動を再開することになり「還暦過ぎていますから、おばあちゃん役しかないかもしれないけど、(作品が完成し)監督が失業しているから私が稼がなくちゃいけない(笑)。リタイアすると老け込んでしまうし、人様のお役に立てる仕事があれば」と抱負を語った。

東洋宮武が覗いた時代」(2008)、「442日系部隊 アメリカ史上最強の陸軍」(11)で第2次世界大戦時の日系人たちの歴史を追ってきたすずき監督による、日系史映画3部作の最終作。米国籍をもちながらも人種差別を受けていた、米国陸軍の秘密情報機関「MIS(ミリタリーインテリジェンスサービス)」の中心メンバーだった日系2世の元兵士たちが、長年の沈黙を経て2つの祖国への思いを語る。

すずき監督は、約80人に取材をし「1分でも30秒でも、とにかく多くの方の証言を映画に使おうと思った」。半年間の撮影で約500時間のインタビューを収録し、編集にも半年が費やされた。“監督の監督”を自称する榊原は「出演してくださった方の中には、今年に入って亡くなられた方も。私どもも1日も早い完成を目指したし、今後も作品として残っていければ」と語った。

榊原は映画「男はつらいよ 奮闘篇」(1971)、TVドラマ「帰ってきたウルトラマン」「気になる嫁さん」などに出演し、70年代には“お嫁さんにしたいNo.1女優”としてアイドル的な人気を博していた。

東洋宮武が覗いた時代[DVD] 東洋宮武が覗いた時代[DVD] 最安価格: ¥2,887 第二次世界大戦中のアメリカにあった日系人強制収容所の実態を、隠し持った手製のカメラで写した写真家・東洋宮武。彼の写真証言などで日系人の歴史を描いた感動ドキュメンタリー。監督:すずきじゅんいち
昭和の名作ライブラリー 第7集 気になる嫁さん DVD-BOX PART1 デジタル...[DVD] 昭和の名作ライブラリー 第7集 気になる嫁さん DVD-BOX PART1 デジタル...[DVD] 最安価格: ¥21,060 ある日、清水家の末息子・純の婚約者・めぐみが純のアメリカ留学により清水家に同居することになる。ところが、純は留学先で死亡してしまう。しかし、両親のいないめぐみは清水家に置いてもらうように懇願し、一家もめぐみを受け入れ、そこから様々なドラマが展開する…。第1~20話を収録したDVD-BOX。出演:榊原るみ

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi