藤原紀香と渡部篤郎、脚本家・野沢尚さんが残した「女と男の熱帯」で初共演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年12月6日 > 藤原紀香と渡部篤郎、脚本家・野沢尚さんが残した「女と男の熱帯」で初共演
メニュー

藤原紀香と渡部篤郎、脚本家・野沢尚さんが残した「女と男の熱帯」で初共演

2012年12月6日 17:00

藤原&渡部の共演で魅せる、大人のラブサスペンス「手紙」

藤原&渡部の共演で魅せる、大人のラブサスペンス
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2004年に他界した人気脚本家・野沢尚さんが生前に温めていた企画が、WOWOWの連続ドラマW「女と男の熱帯」として映像化されることがわかった。藤原紀香渡部篤郎がダブル主演を務め、初共演を果たす。

現代社会という“熱帯”でめぐりあった男女が愛を育み、社会の闇へと走り出していく姿を描いたラブサスペンス。あることが原因でジャーナリズムへの熱意を失いかけていたテレビ局の報道部記者・苑子は、「アメリカで妻子を殺された進藤という日本人が帰国し、復しゅう殺人を計画している」という情報に胸騒ぎを覚える。部下とともに張り込みを開始した苑子だったが、進藤の家に盗聴器が仕かけられていることに気がつく。

藤原は、40代になってから初のドラマ出演。スクープを狙う女性記者・苑子を演じるにあたり「強さの中に時折見せる彼女の“もろさや葛藤”、つまり“人間らしさ”というものを大切に表現できれば」と話す。そして、「WOWOW視聴者の皆さんは、大変目が肥えていらっしゃるでしょうし、そんな皆さんを、大人の魅力にあふれた中毒性のある激しいドラマの虜にしたいと思っています」と意気込む。

一方の渡部は、「進藤は復しゅうをすることで、おそらく死に向かって生きているが、それも人間らしいといえば人間らしいことだと思う」と自身の役について分析。「私はそのような境地になったことがありませんから分からないですよ。ただ、人にはわからないことがある、それを演じることが人間らしさにつながると思うんです」と話している。

藤原と渡部は初共演で、それぞれ「渡部さんとともに大人のラブストーリーをお見せできればと思います」(藤原)、「藤原さんにはたくさん力を借りると思いますが、お互いにとって撮影を思いきり楽しいものにしていきたいですね」(渡部)と期待を寄せている。

ドラマ「愛していると言ってくれ」や映画「手紙」「余命」を手がけた生野慈朗監督がメガホンをとり、永山絢斗、YOU、市毛良枝山本圭吉田栄作らが脇を固める。来年1月20日からWOWOWプライムで毎週日曜夜10時放送(第1話は無料放送)。全6話。

ケイゾク DVDコンプリートBOX[DVD] ケイゾク DVDコンプリートBOX[DVD] 最安価格: ¥26,784 警視庁捜査一課二係配属となった新人・柴田純が、俗に“ケイゾク”と呼ばれる迷宮入りとなった事件を次々と解決していく、TBS系にて放映されたサスペンス刑事ドラマ。出演:渡部篤郎
NHKドラマ ツレがうつになりまして。[DVD] NHKドラマ ツレがうつになりまして。[DVD] 最安価格: ¥4,802 ある日突然、あなたの大切な人が別人のようにかわってしまったら、あなたはどうしますか?大ヒットコミックエッセイが、ドラマ化!出演:藤原紀香

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi