川野直輝は“女装娘バー”のママのお気に入り 草野康太がジェラシー : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年12月1日 > 川野直輝は“女装娘バー”のママのお気に入り 草野康太がジェラシー
メニュー

川野直輝は“女装娘バー”のママのお気に入り 草野康太がジェラシー

2012年12月1日 15:30

銀座シネパトスで初日挨拶を行った「僕の中のオトコの娘」「僕の中のオトコの娘」

銀座シネパトスで初日挨拶を行った「僕の中のオトコの娘」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女装を趣味とする男子“女装娘(じょそこ)”をテーマにした青春映画「僕の中のオトコの娘」が12月1日、東京の銀座シネパトスで公開初日を迎え、主演の川野直輝、共演の中村ゆり草野康太河合龍之介窪田将治監督が舞台挨拶に立った。

大学卒業後に入社した会社で周囲になじめず引きこもりになってしまった青年が、女装を通して新たな自分と向き合い、社会復帰を果たしていく姿をコミカルに描く。

女装に目覚めていく主人公を演じた川野は、本作で初の単独主演を果たし「貴重な体験をさせてもらった。最後まで楽しんで」と言葉少なげに挨拶。川野の姉役を演じた中村は、「映画の中で川野君があまりにもかわいいので女性としてへこむ(笑)。人目なんて気にせず生きればいいんだって、背中を押してくれる映画」とアピールした。

カリスマ女装娘・カレン役の草野は、「女装娘バーに勉強に行ったら、接客してくれたママさんが(川野を)気に入っちゃって、僕なんか全然相手にされなかった」と嘆き節。河合は、「まもなく閉館となるシネパトスの独特な雰囲気の中でこの映画がかかることがうれしい。アンダーグラウンドな感じが合っている」と感慨深げだった。

失恋殺人」「CRAZY-IZM クレイジズム」に続き、本作で3年連続モントリオール世界映画祭に招待された窪田監督は、「すごいでしょ! 反応もすごく良く、どっかんどっかん笑ってくれた。カナダは同性愛者の結婚なども認められていて、マイノリティに理解がある」と手応えを感じていた。さらに、「川野君が映画を見た人々から『Oh, little girl!』って握手を求められ、ちょっといい気になっていた」と暴露。そして、「新しいことを始める勇気をテーマにした映画。年をとればとるほどモラルに縛られたり、やりたいことをやるのが非情に難しくなる。女装という新しいカルチャーの世界に飛び込んでいく若者への応援歌でもあり、そこで奮闘する人々に尊敬の念を感じる」と熱く語った。

東京無印女子物語[DVD] 東京無印女子物語[DVD] 最安価格: ¥3,693 おはよう、東京。この大都会・東京で暮らす女子の、ありふれたようで特別な日常。「フィール・ヤング」連載の人気コミックが待望の映画化!出演:川野直輝
CRAZY-ISM クレイジズム[DVD] CRAZY-ISM クレイジズム[DVD] 最安価格: ¥3,201 強盗を犯した若者達が仲間割れをはじめ、修羅場と化した密室を舞台に人間のエゴと欲望、極限に追い込まれた真の狂気を描いた緊迫のクライム・サスペンス。最後に大金を手にするのは一体誰か…。監督・脚本:窪田将治

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi