吉永小百合、学生500人と交流 “声出なくなった”20代の挫折を明かす : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年12月1日 > 吉永小百合、学生500人と交流 “声出なくなった”20代の挫折を明かす
メニュー

吉永小百合、学生500人と交流 “声出なくなった”20代の挫折を明かす

2012年12月1日 07:00

学生500人と交流を深めた吉永小百合「北のカナリアたち」

学生500人と交流を深めた吉永小百合
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の吉永小百合が11月30日、東京・有楽町の丸の内TOEIで主演最新作「北のカナリアたち」の上映後にティーチインを行った。「若い世代の方と交流したい」という吉永たっての希望で、学生500人を招待。学生からの質問に答える形で「25、6歳のときに、過労で声が出なくなってしまった」と当時の挫折を明かし、「周りの皆さんから『今できることをやればいい』と言っていただき、何とか乗り越えることができた。辛いときに『ひとりじゃない』と感じられたからこそ、今につながっている」と学生にメッセージをおくった。

映画は北海道の離島を舞台に、女性教師・はる(吉永)と生徒6人の間で起こった20年前の転落事故を軸に、再会した双方の思いが複雑に絡み合いながら、封印された衝撃の真実が明かされるヒューマンサスペンス。

吉永は「今回は若い俳優さんが、私に思いをぶつけるシーンが多かったので、とにかくその思いを受け止めようとした」といい、「言葉にせずとも、はる先生の心が“表情”のどこかに出せればいいなと思った」。共演した宮崎あおい松田龍平らを「とても素晴らしい俳優さんたちで、たくさんのことを教えてもらった」と絶賛した。

ティーチインにはメガホンをとった阪本順治監督が同席し、「多くを語らない吉永さんの言葉を内包したクローズアップを、いかにたくさん印象的に撮るかが一番の課題だった」と吉永と同じく“表情”にこだわったと述懐。問題児だったという学生時代や、映画監督になったいきさつを交えながら「ぜひこの映画から、今自分が生きているという実感を持ち帰ってもらえれば」と学生に語りかけていた。配給の東映によると、11月28日に観客動員100万人を突破したという。

天国の駅[DVD] 天国の駅[DVD] 最安価格: ¥2,426 2人の夫を殺害し、戦後初の女性死刑囚となった林葉かよの半生を描いた作品。出演:吉永小百合
ギミー・ヘブン スタンダード版[DVD] ギミー・ヘブン スタンダード版[DVD] 最安価格: ¥3,201 盗撮サイトの管理人・新介は生まれつき“共感覚”という特異な性質を持っていた。ある日盗撮カメラを設置した女性が謎のマークを残し失踪したことが事件の発端だった…。出演:宮崎あおい、松田龍平

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi