大森立嗣監督、弟・大森南朋の助言で「パズルが全部はまった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年12月1日 > 大森立嗣監督、弟・大森南朋の助言で「パズルが全部はまった」
メニュー

大森立嗣監督、弟・大森南朋の助言で「パズルが全部はまった」

2012年12月1日 20:46

製作経緯を明かした大森立嗣監督「ぼっちゃん」

製作経緯を明かした大森立嗣監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 秋葉原通り魔事件をモチーフにした大森立嗣監督の最新作「ぼっちゃん」が12月1日、開催中の第13回東京フィルメックス特別招待作品として上映され、大森監督ほか、主演の水澤紳吾、共演の宇野祥平らがQ&Aセッションに出席した。

秋葉原無差別殺傷事件を起こした加藤智大被告をモデルに、平凡な派遣労働者の若者が社会の中で追いつめられ、暴走していく姿を描き出す。

大森監督は、「加藤被告の『人を愛したい、それだけです』という言葉に興味をもった」と着想の経緯を説明。「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」など一貫して社会的弱者を描いてきたが、本作は辛辣な社会批評とコメディの両側面を併せもつ。「意識的にこの題材でコメディ的なことをしたいというのがあった。社会批評は僕自身がもっている部分で、本を書いているうちに勝手に出てきちゃう。今村昌平監督や森崎東監督が好きで、今村監督が“重喜劇”という言葉を使うけれど、そういう影響もあるのかも」と自己分析した。

SR サイタマノラッパー」シリーズの冴えないラッパー・TOM役で知られる水澤は、「現場に入ってからは実際の事件のことは忘れて、感じたように演じてと言われていた」と述懐。主役のキャスティングは難航したそうで、大森監督も「突飛すぎて誰がやるんだろうと。水澤のことをすっかり忘れていて、(大森)南朋に『水澤いいんじゃない?』って言われ、パズルが全部はまったみたいだった」と明かした。

個性派脇役として知られる宇野は、「昔からずっと友だちって何なのかなと思っている。子どもの頃、おじいちゃんに『友だち100人できるかもしれんけど、大人になったらおっても1人やで』と言われすごくショックだったので、またそれを監督に掘り起こされた感じ。水澤さんのこともふだん友だちだと思っているけど、本当に友だちなのかな?」と自問し、笑いを誘っていた。

ぼっちゃん」は2013年春に公開。

ケンタとジュンとカヨちゃんの国[DVD] ケンタとジュンとカヨちゃんの国[DVD] 最安価格: ¥3,681 孤児院育ちのケンタは、幼女誘拐未遂で逮捕された兄の借金を返すべく、嫌味な先輩のもとで幼馴染の弟分・ジュンとともに肉体労働に勤しんでいた。ある日、ジュンに誘いをかけたケンタは、会社の事務室と先輩のクルマを鈍器で破壊すると、ナンパした女の子・カヨを引きずり込んで自動車で旅立つ。ゼロ年代を生きる若者たちのやり場のない怒りや衝動を描いた青春ロードムービー。監督・脚本:大森立嗣
SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者[DVD] SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者[DVD] 最安価格: ¥2,462 入江悠監督の青春ヒップホップ・ムービー「SR サイタマノラッパー」シリーズの第3弾。1作目で“SHO-GUNG”を脱退し、未だラップを諦められない元メンバーのマイティのその後を描く。出演:水澤紳吾

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi