全長82メートルのガンキャノン!? 「パシフィック・リム」巨大ロボットの極秘情報か : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年11月29日 > 全長82メートルのガンキャノン!? 「パシフィック・リム」巨大ロボットの極秘情報か
メニュー

全長82メートルのガンキャノン!? 「パシフィック・リム」巨大ロボットの極秘情報か

2012年11月29日 08:00

全長82メートルのガンキャノン!? 全長82メートルのガンキャノン!?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] PPDC(Pan Pacific Defense Corps)日本支部の機密書類を、映画.comが極秘で入手した。この書類は、“イェーガー(Jaeger)”と呼ばれる人間型ロボットの設計図。PPDCが極秘裏に進める、環太平洋諸国をまたにかけた国際プロジェクトの一部と推測される。

“イェーガー”は、日本のほかアメリカ、ロシア、中国、オーストラリアが、各国の科学技術を結集し製造する超最新鋭の兵器だが、その目的は現時点では不明だ。入手したのは、日本で製造された“コヨーテ・タンゴ(COYOTE TANGO)”という名称のイェーガーの設計図。スペック表示には、体長269フィート(約82メートル)、体重7450トンと記載されていることが確認できる。

ビジュアルの特徴としては、両肩に巨大なキャノン砲を思わせる形状の武器を背負っている。これは、国民的アニメ「機動戦士ガンダム」に登場する地球連邦軍のモビルスーツ「ガンキャノン」を彷彿(ほうふつ)とさせる。さらに、全長が82メートルという点も見逃せない。ガンダムの全長が18メートル、ウルトラマンが40メートルであるだけに、コヨーテ・タンゴの巨大さが際立つ。

極秘入手した設計図によれば、機密情報に関する要請はwww.PanPacificDefense.comまで、と明記されていることから、アメリカ、ロシア、中国、オーストラリアで製造されているイェーガーの情報が今後、PPDCが運営する公式サイトに掲載される可能性は高い。また、Twitterのハッシュタグは“#pacificrim”となっている。

しかし、この設計図は今年のコミコンで大きな話題を呼んだ、ギレルモ・デル・トロ監督の最新作「パシフィック・リム」に登場する巨大ロボットの極秘情報が流出したという説もある。メガホンをとったデル・トロ監督は日本のアニメや特撮文化に精通しているおり、細部にまでこだわった設計図との整合性がとれる。とはいえ謎は深まるばかりで、PPDCの今後いかなる発表をするのかに注目が集まる。

13年夏に日本で公開される同作は、チャーリー・ハンナム、イドリス・エルバ菊地凛子らが出演。太平洋の深海から突如出現し次々と大都市を破壊する巨大怪獣と、巨大ロボットを操縦する人間たちの壮絶な戦いを描くもので、総製作費約2億ドルのSF超大作だ。

機動戦士ガンダム/第08MS小隊 Blu-ray メモリアルボックス[Blu-ray/ブルーレイ] 機動戦士ガンダム/第08MS小隊 Blu-ray メモリアルボックス[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 「ガンダム」シリーズ第1作の“1年戦争”を舞台に描かれたサイドストーリー。
スカイ・クロラ The Sky Crawlers コレクターズ・...[Blu-ray/ブルーレイ] スカイ・クロラ The Sky Crawlers コレクターズ・...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥30,135 完全な平和が実現した世界で、大人たちが作った“ショーとしての戦争”。そこで戦い生きることを決められた、思春期の姿のまま永遠に行き続ける子供たち『キルドレ』の愛と生と死の物語を描く、押井守監督によるアニメーション。声の出演:菊地凛子

レビュー利用規約に同意の上、コメント投稿する

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
採用情報