「火垂るの墓」英映画会社が海外初の実写映画化 再来年クランクインか : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年11月27日 > 「火垂るの墓」英映画会社が海外初の実写映画化 再来年クランクインか
メニュー

「火垂るの墓」英映画会社が海外初の実写映画化 再来年クランクインか

2012年11月27日 09:00

日向寺太郎監督が実写映画化した「火垂るの墓」「火垂るの墓」

日向寺太郎監督が実写映画化した「火垂るの墓」
(C)2008「火垂るの墓」パートナーズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] スタジオジブリのアニメ映画で知られる、作家・野坂昭如氏の名作「火垂るの墓」が、イギリスの映画会社“Dresden Pictures”によって実写映画化されると、Screen Dailyが報じた。

ショートムービー「Breathe」やミュージックビデオを手がけてきたリアム・ガルボ、ジェームズ・ヒースが共同で製作を手がけ、2014年から撮影が開始される見通しだ。今作が海外で実写化されるのは、今回が初めてとなる。

原作は、野坂氏が自らの体験をもとに執筆した半自伝的小説。67年に発表され、第58回直木賞を受賞した。終戦前後の兵庫・神戸を舞台に、親を亡くした幼い兄妹が寄り添い合いながら生きようとする姿と過酷な現実を描く。

日本国内では終戦60周年を迎えた05年に、日本テレビが松嶋菜々子出演でスペシャルドラマとして初実写化。08年には、浅野忠信主演作「誰がために」の日向寺太郎監督がメガホンをとり、「火垂るの墓」として実写映画化した。

終戦六十年スペシャルドラマ 火垂るの墓[DVD] 終戦六十年スペシャルドラマ 火垂るの墓[DVD] 最安価格: ¥3,966 戦争で両親を亡くした14歳と4歳の幼い兄妹が、悲惨な戦争の中を生き抜いてゆこうとする姿を描いた野坂昭如原作の小説を、終戦60年を記念して実写映像化し、日本テレビ系列にて放送された戦争ドラマ作品。出演:松嶋菜々子、原作:野坂昭如
火垂るの墓[DVD] 火垂るの墓[DVD] 最安価格: ¥4,104 野坂昭如が自らの体験をもとに描き、第58回直木賞を受賞した感動の名作『火垂るの墓』を実写映画化!終戦間近の日本を舞台に、孤児になった幼い兄弟が困難な状況の中で、ただ精いっぱい生きようとする姿を描く。監督:日向寺太郎

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi