作家ヘミングウェイのひ孫、ポルノ女優役に挑戦 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年11月26日 > 作家ヘミングウェイのひ孫、ポルノ女優役に挑戦
メニュー

作家ヘミングウェイのひ孫、ポルノ女優役に挑戦

2012年11月26日 11:10

ポルノ女優役を演じたドリー・ヘミングウェイ

ポルノ女優役を演じたドリー・ヘミングウェイ
Photo by Vittorio Zunino Celotto/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 若手女優ドリー・ヘミングウェイが、インディーズ映画「Starlet(原題)」で主人公のポルノ女優役を演じた。アメリカを代表する文豪でノーベル文学賞作家アーネスト・ヘミングウェイを曽祖父にもつドリーが、米ハリウッド・レポーター紙のインタビューに応じた。

現在24歳のドリーは、2001年にスクリーンデビューし、本作で初主演を果たした。セックスシーンは代役が務めているとはいえ、ポルノ女優という役どころは大きな挑戦だったようだ。撮影はゲリラ的に行われ、一般人がポルノ俳優たちと交流できるポルノ・コンベンションにも潜入。「参加者たちは、ブースにいる私を見て本物のポルノ女優だと思ったみたい。『君が出ている映画が好きなんだ』ってみんなに言われたの。すごくおかしくて、クレイジーな体験だったわ」と振り返った。

母親は女優のマリエル・ヘミングウェイ、父親はドキュメンタリー監督のスティーブン・クライスマン、叔母の故マーゴ・ヘミングウェイさんはモデルや女優として活躍。子どもの頃から撮影現場を訪れて両親の仕事ぶりを見るうちに、女優を志すようになった。「ヘミングウェイ家の一員であることは誇りに思っているけど、私なりの個性があるの。名前のおかげで有名になるんじゃなくて、女優として評価されたいわ」

「Starlet」は、ポルノ女優のジェーンと年老いた未亡人のサディの交流を描いたドラマ。日本での公開は未定。

誰が為に鐘は鳴る[DVD] 誰が為に鐘は鳴る[DVD] 最安価格: - アーネスト・ヘミングウェイ原作による、スペインで起きた内乱を題材に男女の激しい恋を描いた名作文学をサム・ウッド監督が主演にゲイリー・クーパー、イングリッド・バーグマンを迎えて映画化した珠玉のラブ・ストーリー。
マンハッタン[DVD] マンハッタン[DVD] 最安価格: ¥927 TVライターから小説家へと転職した中年作家を中心に、元妻との関係、新しい恋人とのほろ苦い恋を描いた、ウディ・アレン監督、主演で贈る傑作ラブ・ロマンス。出演:マリエル・ヘミングウェイ

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi